気球クラブ、その後/あらすじとネタバレと感想

気球クラブ、その後2006年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

気球クラブ、その後の概要

制作:2006年 日本
監督:園子温
出演:深水元基、川村ゆきえ、長谷川朝晴、永作博美、西山繭子、いしだ壱成、与座嘉秋、大田恭臣、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

気球クラブ、その後の見どころ

若いころ気球サークル「うわの空」はいつの間のか解散。サークルの代表が事故に合いメンバーが再び集まりしのぶ会をはじめてバカ騒ぎするものの、いつしかこれが青春の終わりだとみんなが気が付いていく。というストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

気球クラブ、その後のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

北二郎はみどりと家に居る時に、一本の電話を受け取ります。
それはかつて入っていた気球クラブ「うわの空」の代表をしていた村上がバイク事故で亡くなったという知らせでした。
そのサークルは5年前に自然消滅しており、入っていた当時も熱心に参加している訳ではなかったので北二郎も関心は薄いものでしたが、当時の村上の彼女である美津子(永作博美)に連絡を取りたく思い、かつてのメンバーに電話をします。
その後、村上は病院で亡くなり、かつてのメンバーで”村上を偲ぶ会”という理由で集まることにしました。
うわの空は、熱心な気球好きばかりが集まっている訳ではなく、いろんな理由でサークルに入っていた人も居ます。さらにサークルが活動していてからは五年も経ちますし、関心が薄いメンバーもいましたが最終的には村上の彼女だった美津子以外は集まりました。
五年前の懐かしい思い出に浸るメンバーたち。気球を持ち出して河原に行き膨らませて当時と同じように酒を飲みます。話が盛り上がる中、しゅう(いしだ壱成)は村上と美津子の話をしだします。
村上と美津子が一緒に気球に乗った時に村上が美津子にプロポーズしたという話でした。美津子は空の上ではなく、地上でもう一度プロポーズして欲しいと言い返事をしないままでした。
そんな話をしながら、気球クラブうわの空は正式に解散し、メンバーもそれぞれの連絡先を消去していきました。メンバーがほとんど帰った後に美津子が来ます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

美津子は気球にたばこで穴をあけました。美津子は気球クラブが始まったのは、村上が借りた一軒家に美津子と住むようになってからだと言い、その時村上は美津子に向けて一通の手紙を書いていたと言います。
その手紙には村上の気持ちが書いてあると言い、風船にくくりつけて部屋に浮かべていました。この風船がしぼんで落ちてきたら手紙を読んでと言われていたものの、風船はいつまでも落ちてこずに楽しみに待っていたのに風船は半年しても落ちてこなかったと言います。
そして時と共に村上もその風船の事が空気のような存在になり、美津子は村上が気球に熱心で自分を見てくれないことに悲しくなっていました。村上をしのぶ会をしている時もその風船がありました。二郎はその風船をなんとなく持ち帰り、手紙を読みます。そしてもう一度手紙をつけて風船を空に飛ばすのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました