向田邦子 イノセント 三角波/あらすじとネタバレと感想

向田邦子 イノセント 三角波 2012年の邦画

向田邦子 イノセント 三角波の概要

制作:2012年 日本
監督:小林聖太郎
出演:貫地谷しほり、吉沢悠、小澤征悦、江口のりこ、他

向田邦子 イノセント 三角波の見どころ

「男女の愛」を題材にした向田邦子の短編4作を原作に各作品をリメイクしオリジナルとしたうちにひとつ。
結婚を同僚に報告すると”その結婚はやめた方がいい”と言われ、揺れ動く女性の心情を描いた作品。

向田邦子 イノセント 三角波のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

商船会社に勤める巻子は同僚の達夫と婚約が決まりウキウキです。幸せを振りまくように周りに見せつつ結婚の準備をしているのでした。そして会社の同僚たちにも婚約を発表し、波多野にも結婚報告をしました。しかし二人の結婚報告を聞いた波多野が驚いていました。
ある日波多野の仕事に同行していた巻子は、波を発生させる装置”三角波”を始めてみるのでした。そんな巻子に波多野は船を沈ませてしまうこともある以外にも恐ろしい三角波のことを人に例えて話し、達夫との結婚を考え直すように言われてしまいます。巻子はなぜだかわからずにうろたえてしまうのでした。
ある日巻子は達夫とテニスに行った時に、波多野は達夫に突拍子もない勝負を挑みました。それは波多野がテニスの勝負に勝てば、二人の結婚は取りやめて欲しいというものでした。達夫は冗談だと思いますが、波多野は本気でした。巻子は何が起きているのか理解できずに、そのまま二人は勝負に挑みます。
帰り道、巻子と達夫は波多野の車に乗って帰りますがものすごく気まずい雰囲気の中車が進みました。
突然波多野が暴走運転を始めて、車は急停止します。事故こそしなかったものの生きているのが不思議なほどでした。達夫が波多野を怒りますが、波多野は相手にしていませんでした。
そして巻子と達夫の結婚式当日。波多野はドタキャンしてしまいます。理由は体調不良でした・・・。
気を取り直して二人は無事に結婚式を終えて、新婚生活を送り始めました。

ネタバレと結末

新居で生活していると、突然波多野が訪ねてきます。
そして巻子と達夫の結婚に未だに納得ができていない態度で迫ります。実は波多野と達夫は付き合っていたのでした。そして波多野がまだ達夫と付き合っていると思っているのに、突然達夫が別れを告げて、突然巻子と結婚すると言い出したので納得していませんでした。今では一方的に達夫が悪いと思い込んでいるのでした。
巻子は波多野と達夫の関係を知らなかったので茫然としています。突発的に家を出てさまよい、最後に波多野の家にたどり着きました。するとそこに達夫が先に波多野の家に入ろうとしていました。巻子が隠れて会話を聞いていると、達夫は波多野に別れを告げに来ていました。巻子は夫の本音を知って達夫の元に帰り、幸せな日々を続けていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました