Life 天国で君に逢えたら/あらすじとネタバレと感想

Life 天国で君に逢えたら 2007年の邦画

Life 天国で君に逢えたらの概要

制作:2007年 日本
監督:新城毅彦
出演:大沢たかお、伊東美咲、真矢みき、袴田吉彦、川島海荷、他

Life 天国で君に逢えたらの見どころ

飯島夏樹と妻寛子の半生の闘病生活のネット連載を単行本化『天国で君に逢えたら』『ガンに生かされて』を新城毅彦監督が映画化。
主演は大沢たかお、伊東美咲。
日本を代表するプロウインドサーファー選手として活躍した飯島夏樹が若くしてガンになり、家族で戦った物語である。

Life 天国で君に逢えたらのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

夏樹(大沢たかお)は日本を飛び出して家族を連れてハワイに住んでいます。
ウィンドサーファーである夏樹は妻の寛子とひとめぼれで結婚します。
日本では優勝していても世界ではまだまだ通用しない夏樹は、優勝できず収入もそんなにありませんでした。
家賃も払えず、家を追いだされても寛子は笑ってついて来てくれています。そんな寛子のおかげで夏樹は優勝しないといけないという気になるのでした。
頭でっかちになっている夏樹に先輩が気を抜けとアドバイスし、夏樹はオーストラリア大会で見事優勝します。
そして夏樹は寛子の念願の結婚式を挙げるのでした。寛子はそしてその頃おなかに子供が宿っていました。
そのあと合計四人の子供を作り、夏樹もその後調子が出て連勝が続きました。
ハワイで家も買い、家族は幸せそのものでした。夏樹は試合のために世界中を旅してまわり、負担は寛子にかかりました。そのうちに長女は夏樹が不在の事に不満をぶつけていくのでした。
そんな時、夏樹の体調に変化が起き、日本で検査してみると肝臓の類上皮血管内皮種(ガン)に犯されていることがわかります。家族は日本に移住し、夏樹は手術を二回もしますがあまり良くなりませんでした。
焦る夏樹はうつ病とパニック障害になり、一日中引きこもるようになりました。
夏樹を支えてきた寛子でしたが、余命を言われて心が折れそうになってしまいました。
それでも子供たちと毎日を過ごしていかなくてはなりませんでしたから、寛子は心細いけれども夏樹にはそんな姿を見せれませんでした。

ネタバレと結末

その頃、夏樹の先輩が急性白血病でこの世を去ったことを知ります。
寛子は先輩の最後の言葉を夏樹に伝え、先輩は最後まで自分の事を心配してくれていて、家族もまた自分の事を見守ってくれていると思いなおし、夏樹は最後まで戦う事を決意しました。
そして夏樹が選んだのは延命治療はしないということでした。家族はハワイに戻り、毎日ブログを更新しました。そんな夏樹はある日一人で死んでしまいます。
寛子たちは地元の教会で夏樹を送り出し、寛子と四人の子供たちはいつもどこかで夏樹が見守ってくれているような気がするのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました