W~二つの顔を持つ女たち~/あらすじとネタバレと感想

W~二つの顔を持つ女たち~ 2015年の邦画

W~二つの顔を持つ女たち~の概要

制作:2015年 日本
監督:藤田真一
出演:加弥乃、梅本静香、多岐川華子、桜のどか、岸明日香、森下悠里、他

W~二つの顔を持つ女たち~の見どころ

友達に貸した300万が返ってこなくなり、父にも家を追い出された女子大生が六本木のクラブで働き、そこで話を聞いたホステスが騙した芸能事務所から2000万だまし取ろうと作戦を立てて実行していくというストーリー。

W~二つの顔を持つ女たち~のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

大学生の青木蕾が友達の愛里に貸した300万円が返ってこず、友達の愛里も消えてしまったため借金を返すために六本木のホステスの面接に出かけます。
蕾の父は空手の師範をしており、今回の事で殴られて家を追い出されていました。蕾は合格し、店に入ると元六本木No.1ホステスのWのママ藍染モナが居ました。
蕾ははじめてのお客として獣医の濱口に着きますが、濱口のボディタッチに思わず空手の技を出してしまいました。この事で蕾はあっさり首になってしまいました。そしてモナに拾われてWで働き始めます。そしてWで志麻とののと仲良くなり、これまでの事を話すと愛里が神楽井晋也の事務所に居たことを聞いてののにマイクを仕込んで面接に行かせました。神楽井の事務所の契約書には無理難題しか書かれておらずののは契約書を破り捨てて帰ってきました。そして三人は神楽井の事務所から逆に2000万をもぎとろうと企みます。
店が終り、同僚と帰っていると愛里を見かけましたが蕾と目が合うとすぐに男の車に乗って行ってしまいました。同僚が乗っていた男は有名な足柄という社長だと言います。まずは足柄から作戦を開始しました。しかし色気仕掛けで近づいた奈菜は逆に足柄にメロメロになってしまいました。蕾は直談判で足柄に愛里の事を聞きますが知らないと言われます。しかし問い詰めると会うけど関係はないと言いました。
志麻たちは愛里が居るのがなんでもありの売春クラブだと知ります。そこに侵入し愛里を助けようとしますが、この売春クラブからは逃げられないし、蕾の事ははじめから騙すつもりだったと言ってクラブに戻りました。

ネタバレと結末

神楽井は芸能事務所といいながら、この売春クラブに沈めるのが目的でした。足柄は愛里をいつも指名して暴力からのセックスを楽しんでいました。そして蕾は足柄を利用して愛里を助け出しました。部屋にはビデオカメラがあり神楽井にすぐばれましたが蕾は神楽井に2000万持ってこいと言いました。足柄は騙されたことを知らずにWに来ます。足柄は店に入ってすぐWのホステスたちに騙されたと思い警察に電話しました。神楽井も蕾に言われて店に来ました。志麻たちは2000万をとりあげるよりも売春クラブを潰すことにしたのでした。
のちに蕾は愛里に会い、300万のことはもういいといいます。愛里は大学を辞めました。
売春クラブは摘発され、つぶれます。濱口はモナに売春クラブを潰してくれたお礼だと言って大金を渡すのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました