陰陽師/あらすじとネタバレと感想

陰陽師 2001年の邦画

陰陽師の概要

制作:2001年 日本
監督:滝田洋二郎
出演:野村萬斎、伊藤英明、真田広之、小泉今日子、今井絵理子、夏川結衣、他

陰陽師の見どころ

夢枕獏の伝奇小説『陰陽師』を滝田洋二郎監督が映画化。
平安時代では鬼が人間を困らせているが、陰陽師が事件を解決していく物語である。
主演は野村萬斎。

陰陽師のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

平安時代では魑魅魍魎(妖怪のようなもの)が幅を利かせていました。
人間界と鬼や妖の世界は共存しているという位の位置にありました。陰陽師たちはそれらの鬼や妖怪を沈める役として重宝されていました。
宮廷の陰陽師たちを束ねる陰陽頭である道尊は、星占いをし都の守り人が現れるお告げだと帝に告げます。
大臣の藤原師輔はそのお告げを聞き、帝と自分の娘任子の間に生まれる子供だろうと考えました。
一方もうひとりの大臣藤原元方はそのお告げを聞いてしかめっ面でした。
その報告が終った後、源博雅は不参加だった陰陽師を他の陰陽師が責めていたところに出くわします。

とても優れた呪術の力を持った安倍清明でした。ふとしたことで清明の力は本物だと思い、博雅と清明は仲良くなるのでした。
しばらくして師輔の娘が帝との息子が生まれました。敦平新王の名をもらい、師輔は自分の地位が上がることを素直に喜びました。
一方で元方は自分の娘が生んだ子供が後継ぎになれないことを妬みます。

その頃敦平の体に異変が出てきてなぜか黒くゆがむという見え方をします。強力な呪いがかけられていると気が付いた清明が祓いますが呪いの正体まではわかりませんでした。
その頃、宮廷では元方が陰陽頭の道尊と密会しています。元方を利用し呪殺を計画した道尊の仕業だったのでした。
ある日のこと、清明と青音は無実の罪で切り殺されそうになったところを青音にかばわれます。青音は死んだように見えましたが、150年前に人魚の肉を食べていたので不老不死になっていたのでした。

そんな清明に再度任子と篤平に異変が起きたと知らされます。

ネタバレと結末

清明が駆けつけると女の生首と藁人形と聞き、人の大きさで作った藁人形を作り、結界の中で待ち伏せました。すると鬼の顔をした女が現れ、襲い掛かります。
しかしその鬼の顔を付けているように見えているのは祐姫でした。祐姫に取りついていたのです。
道尊に操られていた祐姫ですが、やがて心を取り戻し自殺してしまいました。
道尊は早良親王の塚の封印を解いて怨霊を放ちます。道尊は怨霊たちと宮廷に行き、博雅を殺してしまいます。
間に合わなかったことに泣き叫ぶ清明に青音が自分の命を博雅に与える方法を教えます。
生き返る博雅の横で青音が消えていきます。青音もまた150年も生きたことに終止符を打つことができたのです。怨霊の力を失った道尊を清明が結界で封じ込めます。道尊はそのまま自殺してしまうのでした。
怨霊も消え、博雅と清明は屋敷でお酒を飲むのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました