大奥〈男女逆転〉/あらすじとネタバレと感想

大奥〈男女逆転〉 2010年の邦画

大奥〈男女逆転〉の概要

制作:2010年 日本
監督:金子文紀
出演:二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、大倉忠義、中村蒼、他

大奥〈男女逆転〉の見どころ

よしながふみの漫画『大奥』を金子文紀監督が映画化。
男女逆転させた大奥ということと、豪華キャストで注目を浴びた映画である。
徳川吉宗の時代の徳川吉宗を柴崎コウが演じています。

大奥〈男女逆転〉のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

江戸幕府三代将軍家光時代、なぜか男ばかりが奇病にかかり、圧倒的に男の数が少なく女が多くなっていました。そして子供が居なくなり、江戸幕府ではどの名家でも後継ぎが必要で、次第に女が家督を継ぐようになっていきました。
江戸幕府の大奥では後継ぎを作るために、見た目も、武術にも優れた男子が全国から集められています。
貧しい祐之進の実家でしたが、幸いにも祐之進は器量もよく、武術にも優れていました。祐之進は子供が欲しい女性に自ら自分を差し出していたのでした。その祐之進にも幼馴染のお信がおりましたが、お信の家柄が良かったので叶わぬ恋なのでした。そして祐之進の元に大奥に上がる話が来ます。祐之進の親は心配しますが、それでも祐之進は実家を助けるために大奥に上がる決意をするのでした。
大奥には男前の男が沢山居て、見るからにきらびやかです。しかしその裏ではいかに自分が将軍様にごひいきにされるかを考えているというおどろおどろしいものでもありました。
祐之進は馬鹿正直なのもあり、そんな男たちからターゲットになってしまいます。不穏な気持ちで過ごしますが、祐之進は大奥の有力者でもある藤波と松嶋に武術を買われ、気に入られます。
そして祐之進と入れ替わりに、これまで松嶋のお気に入りだった鶴岡は自殺に追い込まれてしまいます。
そのころ新しい将軍徳川吉宗が江戸の政治を取ることになりました。

徳川家康はとても賢く、財政を引き締めようとしていました。そして大奥の縮小まで考えていたのでした。

ネタバレと結末

大奥では徳川家康に気に入られようと策略を考えます。
しかし徳川家康の最初の寝屋になったものは翌日切り捨てられるというルールがあるため、みんな初めの寝屋になることは避けようとしていました。
が、祐之進は持ち前の素直さであっさりと松嶋や藤波たちの罠にかかるのでした。
そしてあっさりと吉宗から指名されてしまいます。覚悟を決めて寝屋に行き、本当はお信が好きで明日殺されるならお信と思って抱きたいと正直に伝えると、吉宗は別人となってお信と生きよ。といい、祐之進を解放します。吉宗はこんなルールも排除しようと思うのでした。そして大奥で醜いものだけが残れと命ずるのでした。
そして祐之進は名を変えて国に帰り、お信と幸せに暮らしていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました