超高速!参勤交代/あらすじとネタバレと感想

超高速!参勤交代 2014年の邦画

超高速!参勤交代の概要

制作:2014年 日本
監督:本木克英
出演:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李、柄本時生、六角精児、市川猿之助、石橋蓮司、陣内孝則、西村雅彦、他

超高速!参勤交代の見どころ

時代ものの映画で主演は佐々木蔵之介。江戸時代に東北地方の大名をしている主人公が、賄賂を幕府の重役に渡さなかったとかで幕府から変な言いがかりをつけられて、無理難題な日程で参勤交代を命じられ、それを穏便に成し遂げるために主人公始め家臣や家来たちが奔走するお話。どの時代もどんな場所でも世界中で似たような理不尽な現実に苦しみそれにまつわるお話を耳にしたり見たりするので、お決まりといえばお決まりのストーリーではあるが、映画を通じてコメディタッチで描かれていたりCGが随所に使われているので時代劇なのに見やすい映画になっている。監督は本木克英。

超高速!参勤交代のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

8代将軍・徳川吉宗の治める江戸時代のこと。
湯長谷藩の藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)が江戸の務めを一年終えて、故郷に帰ってきたばかりでした。
は大根の漬物をこよなく愛し、故郷の漬物を堪能する政醇に湯長谷藩の江戸家老である瀬川がやってきて、松平信祝からの事付けで、通常でも8日かかる参勤交代なのに、五日以内に参勤交代せよ!と言われてしまいます。松平信祝の狙いは金山の没収です。行かないと藩が取り潰されてしまうため、藩と民を守るため政醇は飲んでしまいました。
湯長谷藩は小藩であり、四年前の飢餓で参勤交代のたくわえがありませんでした。
智恵者である家老の相馬兼嗣に知恵をもらいに行くと、少人数で山中を走り、幕府の監視のある宿場だけに日雇いを雇って大名行列に見せかけるというものでした。

これなら5日で江戸に着くことが何とか出来ると思います。
そこに忍びである雲隠段蔵が来て、自分を雇うように言います。政醇もまた受け入れました。
翌日、湯長谷藩の総勢8人は、段蔵の道案内で江戸へと急ぎました。
はじめの宿では先頭がまた後ろに回ることで大勢いると見せかけることに成功しました。
旅を続けていると折檻を受けた飯炊き女に出会って心を動かされて、旅館から連れ出して一緒に連れて行ったり、金を盗んで逃げられたり、はぐれてしまったりとトラブルが続きます。

ネタバレと結末

しかしどうにか江戸に入ることができました。が、刺客が襲いかかりひと騒動してしまいます。
江戸には入れましたが、いかんせんお金がないので人員を集めることができませんでした。
困っている政醇に本家の内藤政樹の大名行列が助けてくれました。
そして幕閣の前で政醇は金山から取れるのは、金ではなく鉄だといいました。そして詫び、ひと騒動も無かったことにしてくれました。政醇はお咲を側室にするといい、見違えるほど美しくなったお咲が居ました。
しかし帰るお金がない一行はやっぱり走って帰るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました