マザーウォーター/あらすじとネタバレと感想

マザーウォーター2010年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

マザーウォーターの概要

制作:2010年 日本
監督:松本佳奈
出演:小林聡美、小泉今日子、加瀬亮、市川実日子、永山絢斗、光石研、もたいまさこ、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

マザーウォーターの見どころ

京都で生活する男女七人の日常を描いた物語である。
主演は小林聡美、小泉今日子。監督は松本佳奈。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

マザーウォーターのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ウイスキー専門のバーを経営しているセツコ(小林聡美)が店を開けると、家具屋のヤマノハがやってきました。椅子に座るととたんに椅子が壊れてしまいました。怒るヤマノハに動じず、椅子がなくなってしまったことに困ります。ヤマノハは椅子を修理し、セツコはカツサンドをごちそうします。カツサンドを定番メニューにしてくれというヤマノハに対してセツコは乗り気ではありませんでした。
セツコは何事に対しても適当、という事をポリシーにしており、ヤマノハはその適当さに心地よさを感じます。
今度はハツミが働いている豆腐屋に年配の女性マコトが現れます。マコトは店先で豆腐を買って食べだします。そこにマコトの知り合いの青年ジンが通りかかり、二人で豆腐を食べるのでした。
ハツミはある日、コーヒーの香りにつられてタカコの珈琲店に入る。するとハツミのゆるさにタカコもゆったりした気分になるのでした。
マコトは風呂屋に行き、赤ちゃんを見つけまったり。そこへジンがやってきて風呂屋のオトメがジンに引っ越さないのか聞くと、ジンは変わることを嫌っていた。ジンは風呂屋のアルバイトが気に入っていたのでした。
セツコの店にハツミが来ると、ヤマノハと打ち解けます。ハツミはセツコになんでウイスキーだけなのかを尋ねるとセツコは面倒くさいからと答えるのでした。
タカコの店にセツコが行き、同じように店先で豆腐を食べだします。オトメは珈琲店に行き、次第につながっていきます。オトメはタカコにコーヒーの入れ方を教えてもらうのでした。
ハツミはタカコに誘われてご飯を食べるとタカコの料理に驚きます。おいしかったのでした。
そしてハツミは豆腐が好きだからこそ、おいしい豆腐を作れていることに気が付きました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

ヤマノハがウイスキーをセツコの店で飲んでいると電話がかかります。セツコに同僚が居なくなったことを言い、同僚を心配しているかたわらワクワクしている自分もいることに気が付きました。
豆腐屋ではまたいつものメンバーが豆腐を食べにやってきます。オトメはジンにこの街から出ていくといいというが、ジンは引っ込み思案なので無理だといいます。オトメは出ていくと面白いこともあると説得します。
やがて失踪した同僚がヤマノハに電話してきます。セツコに諭されて結局同僚に会いに行くことにしました。
ジンはマコトと川べりでのんびりしていました。ジンは失敗してもチャレンジしてみるべきだと思います。
ジンはバイトをやめ、風呂屋はバイトを募集します。マコトは次も同じような子が来ればいいのになと思います。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました