花芯/あらすじとネタバレと感想

花芯2016年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

花芯の概要

制作:2016年 日本
監督:安藤尋
出演:村川絵梨、林遣都、安藤政信、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

花芯の見どころ

瀬戸内寂聴が瀬戸内晴美として出した小説を安藤尋監督が映画化。
主演は林遣都、村川絵梨。
戦後まもなく、親の勧めで結婚はしてみたものの、夫の上司に恋をしてしまいすべてを失ってしまう話。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

花芯のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

戦後まもなく、園子は父の決めた許嫁、雨宮清彦と結婚します。
今まではお国のために生きてきた園子は身の置き方が見つかりませんでした。父は浮気三昧だったものの、家族は咎めずにいました。雨宮はおもしろくはありませんが真面目でいて、園子のことを大切に思っていました。
昭和22年、二人の間に「まこと」という男の子が生まれます。
園子自体はセックス自体にこんなものかと思うのですが、雨宮は執拗に園子に迫っていたのでした。
やがて大学生になった妹が、雨宮の事を好きだと知りました。姉が特に好きでもない雨宮と結婚しているのが気に入らないようすでしたが、園子は気にしていませんでした。
園子への愛情が深まる雨宮とは対照的に、そつなくこなしていけばいいと思う園子なのでした。
そして雨宮が京都に転勤することになり、まことは実家において、生活が落ち着くまでは雨宮と園子だけで行くことになりました。そこで未亡人の屋敷の離れを借りて暮らすことになります。そこには中年の男、越智もいました。
園子は越智にひとめぼれしてしまいました。しかし越智は未亡人とできていたのです。
それでも越智に恋をしてしまった。ということを園子は雨宮に話します。
怒った雨宮は園子を犯します。その日、園子は大家の未亡人と越智が行為しているのを見ます。
そこにもう一人の下宿生である正田から絵のモデルになって欲しいと頼まれて、求められるまま身をゆだねてしまいます。園子は雨宮でもなく越智でもなく、全く関係のない人に抱かれても同じだと気が付きます。
その日から園子は思った事を全て口にするようになりました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

それでも雨宮は園子を京都から引き離すことで元通りになろうとしました。
東京に戻る日、雨宮にまことのお守りを強引に買いに行かせ、越智に会いに行きます。越智も園子の気持ちを受けとり、必ず会いに行くと約束します。
雨宮は園子の母にも、こうなってしまったのは全て自分が悪いと手紙を書いていました。
そして園子と越智は箱根の温泉宿で逢引します。越智は未亡人とは別れるといいますが、園子はそんなことはもう期待していなかったのでした。
園子と雨宮は別居し、園子は小さなアパートで暮らしていました。雨宮は戻ってこいと何度も訪ねます。
園子はまことを中心に雨宮と妹がいい雰囲気になっていることを知っていて、妹と一緒になればいいと提案します。怒る雨宮ですが、母の葬式の時に園子が行くとすでに子供もできており、家族そのものでした。
園子を追いかけてくる妹に、幸せになってといい、園子はもし自分が死んでも骨の横に子宮が残るのではないかと思いました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました