明日の記憶/あらすじとネタバレと感想

明日の記憶 2006年の邦画

明日の記憶の概要

制作:2006年 日本
監督:堤幸彦
出演:渡辺謙、樋口可南子、坂口憲二、吹石一恵、水川あさみ、他

明日の記憶の見どころ

荻原浩の小説「明日の記憶」を堤幸彦監督が映画化。
主演は渡辺謙。若年性アルツハイマー病の夫を支える妻の話。

明日の記憶のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

広告代理店で働く佐伯(渡辺謙)は仕事も家庭もうまくいっていました。
特に一人娘もできちゃった婚をするのですが、相手の男もしっかりしたいい青年で申し分はありませんでした。
しかしある日、佐伯を原因不明の不調が襲ってきます。大事な日を忘れたり、仕事の人の名前を忘れてしまったり。心配になった妻は佐伯を病院に連れて行きます。
そこで病院で告げられた病気の名前は若年性アルツハイマーでした。ショックのあまりパニックになりましたが、二人は前を向いていくことにし、できるだけメモをして忘れないようにしようと思います。
しかし病気は進行し、仕事の人の顔も場所も忘れてしまうありさま。そこで会社からは自主退社を進められます。娘の結婚式までは会社に居たいという差益に会社はお荷物ばかりの部署に回されてしまい、結婚式が無事に終わると、佐伯は会社を去ります。それまで仕事にばかり打ち込んできた佐伯はそのことが堪えます。
そのうちに孫ができ、ゆったりとした日々を送っていきますが病気は日々進行していきます。
しかし妻はそんな佐伯の事を受け止めます。友人からは施設を進められますが断ります。妻は自分ができる仕事を探しはじめます。
アルツハイマーの進行が進んでいるのを自覚している佐伯は、山の中の介護施設を訪れます。その足で、昔やっていた陶芸を再開します。実は妻と知り合ったのも陶芸が縁でした。
外で働く妻に見捨てられたと思い込んだ佐伯は、被害妄想が止まりません。
山の中にある陶芸教室に通う佐伯。若いころ、そこで一緒に習っている女性にプロポーズしてしまいます。
それがいまの妻なのでした。

ネタバレと結末

山の中の陶芸教室には、当時と同じ先生が居ました。佐伯は先生の事などすっかりと忘れてしまっていましたが、若いころと同じように先生に反発しながらも同じように仲良くなっていきます。
湯呑を作り、二人は火を囲みながら談笑します。そこで佐伯だけが眠ってしまうのでした。
眠りから目が覚めると、先生の姿はありませんでした。すべては佐伯の夢の中の話だったのかもしれません。
無断外泊した佐伯は家に帰ろうと、山を下ります。その途中で妻に会いますが、佐伯は妻の顔すらももう忘れていたのでした。しかし妻はそんな佐伯を温かい目で見守るのでした。そして改めて妻は自己紹介して、一緒に歩いていくのでした。

明日の記憶のみんなの感想

ネタバレなし

明日の記憶は、誰でも起こりうるという、アルツハイマーについてとても勉強になりました。どんな感じで人が崩れて行くのかよくわかります。本人が一番辛いと思いますが、その周りの人たちとの関係の中で少しづつ自分を受け入れて行くところが泣いてしまいました。またその人を介護する家族のことも、とても感動しましたね。家族が1番大切であるということ、最後に頼りになるのはやっぱり家族と思ったことでした。(50代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました