潜伏 senpuku/あらすじとネタバレと感想

潜伏 senpuku2013年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

潜伏 senpukuの概要

制作:2013年 日本
監督:保坂延彦
出演:土屋貴子、なだぎ武、東野克、真由子、宮下雄也、ほんこん、下條アトム、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

潜伏 senpukuの見どころ

元オウム真理教の菊地直子の17年間の逃亡を元にした映画。
指名手配された女性が逃亡する中で、彼女を愛しかくまい続けた男との出会いと別れと自首までを描いた逃亡劇。
主演の土屋貴子は第1回新人監督映画祭主演女優賞した。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

潜伏 senpukuのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

2002年にカーマの家という新興宗教に入っていた波子はタサカと共に逃亡生活を送ることになります。
波子は殺人と殺人未遂の罪で、全国指名手配されていたのでした。別にタサカと愛し合っているから一緒に逃げたというわけではありませんが、タサカから求められると応じる波子でした。
逃亡中に名前を変えて事務員として働いていた波子はある日、会社の山路からご飯に誘われて愛を感じます。それは山路も同じで二人は愛し合うようになりました。
浮かれていた波子にタサカは逃亡犯だという事を認識させられてしまい落ち込んでしまいます。
山路とキスをした後、波子は同居している男性が居ると正直に言ってしまいます。山路はたじろきましたが、山路が会社を辞め、改めて波子に告白し結ばれます。そして山路と波子は一緒に住むことになりました。
波子も職場を変えて老人ホームの事務員になり、ホームの人たちは波子に信頼を寄せています。元々介護の仕事にも興味のあった波子は資格を取りヘルパーもこなします。
しかし街には逃亡犯の松岡祥子の顔写真付きのポスターが貼られています。今では懸賞金までかけられていて、職場でも話題になりますが波子は聞いているふりをしています。
波子はある日病気になり、山路に病院を進められますが波子は保険証を持っていないので断ります。
山路は波子に結婚しようとプロポーズしますが、波子は結婚はできないと言います。そしてついに自分の事を話し出すのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

波子は自分は松岡祥子であり、指名手配犯だと言います。山路は隠し事があることはなんとなく感づいていましたが、あまりのスケールの大きさに驚きました。しかし波子の全てを知ったうえで、山路は波子と一緒に生きていくことを決心します。
結婚はできないけれど、記念写真を撮ろうということでウエディングドレスを着て写真館で写真を撮りました。その後は事実婚のように過ごし、新年を迎える二人。
波子は山路にカーマの家にどうして入ったかを話します。その時、ニュースではカーマの家のひとりが出頭したと流れてきました。波子はタサカに連絡を取り、山路がタサカとの縁を切りにタサカに会いに行きます。
波子は出頭するかどうか悩んでいた時に、老人ホームが経営難になってしまいます。波子は自分を通報すれば懸賞金の1000万が手に入るといい、山路が家に帰る時パトカーに乗った波子を見ます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました