ヘルタースケルター/あらすじとネタバレと感想

ヘルタースケルター 2012年の邦画

ヘルタースケルターの概要

制作:2012年 日本
監督:蜷川実花
出演:沢尻エリカ、大森南朋、寺島しのぶ、水原希子、新井浩文、原田美枝子、桃井かおり、他

ヘルタースケルターの見どころ

岡崎京子による同名の漫画を、沢尻エリカで映画化。
蜷川実花監督で、きらびやかな世界と渦巻く闇を極端な映像で目を引いた。
沢尻エリカ5年ぶりの映画だが、この役にのめり込んだため撮影後しばらく体調を崩してしまう。
キャッチフレーズは「見たいものを、見せてあげる」
さまざまな実在する企業とコラボし、出てくる雑誌やパルコでは当時CMもコラボされていた。

ヘルタースケルターのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

オシャレな女子がなりたい顔No1である「りりこ」(沢尻エリカ)。
いま、売れに売れているモデルで雑誌からCM、ドラマなど引っ張りだこです。
しかしりりこは、年を重ねるごとに今の栄光が過去になってしまうことを恐れています。
見た目、そして完璧なスタイルと誰もが認める美女。
しかし彼女は性器以外は整形していない場所がないほどのサイボーグ(整形)だったのです。
当時、検事の麻田は麻布プラチナクリニックが脱税や堕胎した胎児の死体臓器売買の疑いをかけており、どうにかして起訴できないかと思っていると、関わりのある政治家などから事件をもみ消されてしまいます。
誰も気が付かなかったけれども、麻田だけはりりこの全身整形に気が付きます。
一方りりこは御曹司のダーリン(窪塚洋介)に夢中です。りりこは羽田というマネージャーに八つ当たりし、そのあとであなたが居ないとダメなのというDV男にありがちなハネムーン期と地獄期を繰り返しながら手籠めにはめていきます。
羽田は羽田で頼ってくる美女、りりこのことを見捨てることができません。
そんなある日、りりこの顔に整形の後遺症が出てきます。
事務所の社長は、メイクアップアーティストに賄賂を渡し、りりこが全身整形であることを口外しないことを約束させて、りりこの修正をさせるのでした。
りりこは麻布プラチナクリニックに再診の予約を入れます。再手術をして美しさを取り戻しますが、整形には高額なメンテナンスが必要です。いつかまた後遺症が出ることにりりこは悩んでいました。
何度も手術を繰り返すりりこを麻田は「ヘルタースケルター」と言います。

ネタバレと結末

やがて同じ事務所に若い可愛い子が入ってきました。
りりこは嫉妬の炎を燃やします。
その上ダーリンが政治家の娘と電撃婚したりとりりこをあおります。そんなりりこは羽田のことをイジメることで精神を正していました。
その時麻田はりりこに近づき麻布プラチナクリニックの悪事を暴きたいといいます。りりこはそのころ薬にれていました。ついに事務所からも肩たたきを食らったりりこは、追い詰められてしまいます。りりこを救いたい羽田は麻布プラチナクリニックの資料をマスコミに送ります。
りりこは記者会見で「見たい物を見せてあげる」といい自分の右目を刺します。
りりこは行方をくらまします。しかし麻田は海外でなおも女王として君臨するりりこを発見するのでした。

ヘルタースケルターのみんなの感想

ネタバレなし

沢尻エリカのエリカ様感が遺憾無く発揮されたエリカ様ムービーです。ストーリーはファッション業界の華やかな一面とその裏に潜む暗い闇の世界で生きている人間たちとそんな人間たちに囲まれなが圧倒的な存在感を持って君臨する主人公のスター感が見ることができる作品です。持っている人は持っているんだなぁと思わされると同時に、果たしてそれはそれで幸せなんだろうかと考えされもしました。ファッションやメイクなどを女性視点から見ても面白いと思います。(30代男性)
岡崎先生の描くモノクロの世界を愛しすぎていると、この実写作品は許せないくらい色鮮やかで嫌悪感を持つ人は多いかもしれませんが、私はこの映画もそれなりに楽しめました。
まず、主人公のりりこを沢尻エリカさんが演じたのが良かったです。原作と照らし合わせることが良いかはわかりませんが、私の中ではそれだけで90%くらいはイメージ通りでした。
最初に書いたように、演出が少し派手すぎかなとも思いましたが、原作とは違った別バージョンのヘルタースケルターと考えたら全然楽しめます。(20代女性)
私は岡崎京子の漫画の大ファンで、この作品も大好きだったので、映画になるとどうなんだろう?と半信半疑でしたが、まあ納得できました。やっぱり沢尻エリカは綺麗だな。とか、窪塚洋介のおぼっちゃまバカボンな感じも似合うし、寺島しのぶ以外の配役はとても良かった。ただ寺島しのぶが浮いて見えるのと蜷川実花の世界観が良いんだけど、満載すぎて目がチカチカして疲れるので映画館で見たのに作品に集中できなかったのが残念。(40代女性)
岡崎京子の漫画だとリアリティが無かったのですが、結構ハードな内容だったんですね(汗)この役は沢尻エリカしかできないし、岡崎京子のあのボンクラ坊ちゃん加減も、窪塚洋介しかできないと思う。この二人、本当にキレイ。ちょっとアホそうな窪塚、まるで池袋ウエストゲートパークの時のような「天下取ってるぜ!」的な馬鹿さ加減。最高に好きです。同じように沢尻エリカも天下取ったような顔してるのでまさにピッタリでした(30代女性)

ネタバレあり

女性でよくある美について追及し過ぎた結果の女性を描いた映画を、沢尻エリカさんが演じるという事で話題になった映画でした。まさかここまでやるかというような演技を沢尻さんが演じていました。あまりに激しすぎたため薬物をしているのではと思うほどの演技もありました。全身整形を繰り返す主人公の葛藤と精神状態の不安定性も良く表現されていました。可愛そうなくらい作り上げた自分の姿との葛藤。作り上げたうえでのもしもの時の不安などがよく表現されていました。配色の使い方がきついと感じる(赤が強い)映画でもありました。(50代男性)
世界観の作り方にこだわりを感じました。こういう系統の映画にでがちな安っぽさが全くなかったです。劇中に出てくる主人公りりこが表紙の雑誌の名前は実際に存在するもので、そこにも蜷川監督のこだわりを感じました。
美しいけれど、簡単に壊れてしまいそうな繊細さや、多くの葛藤を乗り越えていかなければならない状況とたたかう主人公を沢尻エリカさんはセリフだけでなく、細かな表情などで表現していたと思います。本当にピッタリな役柄だったと思います。(20代女性)
これぞ沢尻エリカ!と私が思った映画でした。下妻物語の深田恭子然り、NANAの中島美嘉然り、何故か妙に印象に残る役柄ってありませんか?まさにこの映画の主人公はエリカ様のはまり役でした。整形という世の中の女性が一度は考えたことがあるであろう方法でのし上がっていく女性の物語なのですが、その危うさと美しさが極彩色の画面から伝わってきます。
ラストはある意味想像がつくものでした。でもそこにある一人の女性の心の揺れ動く様は観た人に色々なことを考えさせる、そんな作品です。(30代女性)
沢尻エリカがとても美しく映画は蜷川実花が撮影をしたということもありカラフルで幻想的な印象でした。いろんなシーンが特にこだわって作られていたと思います。でも肝心の演技だったり、そのストーリーの内容は微妙です。やっぱり風景や絵にこだわりすぎて、心理描写や、ストーリーの描き方はいまいちだと思いました。衝撃的なストーリーなのに、あんまりそれが伝わらなかったので、残念です。(30代女性)
沢尻エリカと窪塚洋介が、ほんとにしょうもないセックスしてます(笑)でも、それが逆にメチャクチャはまってます(笑)寺島しのぶになめさせます。エリカさま、まるで猿。多分ストレスが性欲に繋がってるのでしょう。沢尻エリカの役は整形で全てを変えた役で、故郷に戻るんですが妹も本当にぶさいく(すいません!)ありそうで無さそうな、でも憧れや願望を全て整形によって手に入れた女の結末は、どこまでいっても『王女』ってことです。この気合を世の中の女全てに見て欲しい。(40代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました