おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

キャタピラー/あらすじとネタバレと感想

キャタピラー2010年の邦画
スポンサーリンク

キャタピラーの概要

制作:2010年 日本
監督:若松孝二
出演:寺島しのぶ、大西信満、他

スポンサーリンク

キャタピラーの見どころ

「ジョニーは戦場へ行った」と江戸川乱歩の「芋虫」をモチーフとした若松孝二監督が映画化。
戦争に巻き込まれた一つの夫婦を題材に、戦争がなぜダメなのかを訴えている話。
ベルリン国際映画祭では妻役を演じた寺島しのぶに最優秀女優賞が送られた。

キャタピラーのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

戦争中のある田舎町では、少尉黒川久蔵が変わり果てた姿で寝ていた。妻シゲ子はそんな久蔵を世話していました。久蔵は顔はやけどで焼けただれ、両手両足は失っていました。シゲ子は夫を受け入れることができませんでした。しかし親戚はシゲ子に世話をしろといいます。言葉も発せずに、寝たきりである醜くなった夫を殺して自分も死のうとしますが久蔵は見た目よりも生命力がありました。生きる軍神とされた久蔵を世話することで、シゲ子もまた国に奉仕しているのだと思い込むことで、気を取り直すことができました。
しかし問題が起こります。久蔵は性欲はなくなっていなかったのです。夜な夜なシゲ子を求める久蔵。こんな姿になってまで、食欲と性欲が無くならない久蔵に次第にウンザリしてきます。
シゲ子は家の中で閉じこもっているからダメだと考え、久蔵をあえて連れて外に出ます。するとシゲ子が褒められ、次第に快感を覚えます。それでも久蔵と二人っきりになると、先の見えない不安と久蔵の反抗的な態度に暴力をふるうようになってしまいます。
そして久蔵は久蔵で、戦地で女性に行った暴力を思い出してしまい、悩んでしまいます。
東京で大空襲が起こり、シゲ子は戦地に行く前の久蔵を思い出します。ここまで人の人生を変えてしまう戦争に果たして何の意味があるのかと思いだすのです。
戦地に行く前には、シゲ子が久蔵に暴力を振るわれていました。なのに久蔵は今ではシゲ子がいないとなにひとつできない。夫を完全に支配していることに、変な喜びも感じていました。それまでとは全く逆の立場です。久蔵は何もできないので、戦地での非道を思い出し徐々に精神的に病んでいきます。思うように動けない久蔵は動ける範囲で身をよじりますが、その姿がシゲ子は芋虫のようだとせせら笑います。

ネタバレと結末

やがて戦争は続き、頼りにしていた久蔵の弟まで連れて行きます。その後、戦争は終わりますが、久蔵を家において、シゲ子は相変わらず農作業をします。すると久蔵が芋虫のように這い出てきます。久蔵は池の水に映る自分の姿を初めて見てしまいます。終戦を喜ぶシゲ子たちをよそに、久蔵はそのまま自分で池の中に入り自殺するのでした。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

  1. モモンガ女性50代 より:

    戦争映画のNO.1だと思う

    この映画の撮影が終わったあと、全身に蕁麻疹が出たという寺島しのぶ。
    短期間に制作されたためハードな撮影だったことは想像に難くないが、映画を観ると精神的な面からの影響も否めないのではないだろうか。
    傷痍軍人となって戻ってきた夫との閉塞感に押しつぶされそうな日常。手脚はなく、口も聞けず、なのに生殖機能は生きている。戦場に行く前の夫は、子供ができない石女と責めて暴力を振るう恐れの対象だった。それが、妻の介護なしでは生きられない身体になったことにより、逆転する夫婦関係。
    戦争によって愛する者が亡くなる哀しさ、尊い命といった、ともすれば美談にすり替わりがちな戦争という題材を、もしこれが自分の身に起こったら、、とリアルに突きつけてくる作品。

2010年の邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました