犬と私の10の約束/あらすじとネタバレと感想

犬と私の10の約束 2008年の邦画

犬と私の10の約束の概要

制作:2008年 日本
監督:本木克英
出演:田中麗奈、加瀬亮、福田麻由子、佐藤祥太、池脇千鶴、他

犬と私の10の約束のあらすじ

犬の十戒を元に本木克英監督が映画化。
中学生が子犬を飼い、10年間の物語を描く。
主演は田中麗奈。

犬と私の10の約束のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

北海道に住むあかりは一人っ子です。両親から愛を注がれてすくすくと成長していました。
ある日の事家に迷い込んできたゴールデンリトリバーの子犬を家で飼う事になりました。
足が白いので名前は「ソックス」になりました。
母から「10の約束(犬の十戒)」を教わり、ソックスを大切に育てていこうと思います。
その10の約束は・・・
①私の話をがまん強く聞いてくださいね
②私を信じて私はいつもあなたの味方です
③私とたくさん遊んで
④私にも心があることを忘れないで
⑤ケンカはやめようね 本気になったら私が勝っちゃうよ
⑥言うことを聞かないときは理由があります
⑦あなたには学校もあるし友達もいるよね でも私にはあなたしかいません
⑧私が年をとっても仲良くしてください
⑨私は十年くらいしか生きられません だから一緒にいる時間を大切にしようね
⑩あなたとすごした時間を忘れません 私が死ぬとき おねがいします そばにいてね
というものでした。
あかりは母が入院した時も、母が死んだときもそばにはソックスがいて慰めてくれていました。
母が亡くなった時に、ショックで首が動かなくなった時もソックスはじっと見守ってくれていました。
そして父の移動が決まり、あかりはソックスを連れて行けないので、幼馴染の進にソックスを預けます。
進もまた進がパリに留学が決まり、あかりと父は空港に見送りに行きます。
が途中で父の仕事が入り、見送りはできませんでした。そして進の手紙を見つけて泣きます。
そのころ、進の家にはソックスが残されており、あかりを探して逃げ出します。ソックスは警察に保護され、このことが原因で家族(あかり)と向き合うために父は仕事を辞めてしまいました。

ネタバレと結末

父は前の家を買い取り、個人病院に改造し家であかりと居れる時間を増やします。
あかりも成長して獣医師になり、家を離れます。進はギタリストとして帰国していました。二人は当たり前のように恋に落ちますが、そこで進が事故に合い後遺症でギターが弾けなくなってしまいました。
そのころにはソックスのことは邪険に扱っていたあかりですが、二人をまた元に戻したのもソックスでした。
ソックスはセラピードックとして進を支えます。ソックスは高齢になっていました。
ソックスが危篤になり、母の10の約束を思いだします。父とあかりでソックスの最後を見守りました。
そして父への感謝の気持ちもあふれてきました。あかりはソックスがいたからこそ、幸せに暮らしてこれたことを思い返すのでした。そして進とあかりは結婚するのでした。

犬と私の10の約束のみんなの感想

ネタバレなし

犬と私の10の約束という映画は、犬を飼っている人はかならず見るべき映画だと私は思っています。今でも犬の10の約束という内容について、なんども読み返していむの気持ちを知ることにしています。人間とワンちゃんの物語はどれも感動するものばかりです。ワンちゃんが人間のことを決して裏切らない場面は、涙なくして見ることはできません。この映画は、小さい子供に見せたい教育の映画と思ったりしています。(50代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました