イン・ザ・プール/あらすじとネタバレと感想

イン・ザ・プール 2005年の邦画

イン・ザ・プールの概要

制作:2005年 日本
監督:三木聡
出演:松尾スズキ、オダギリジョー、市川実和子、田辺誠一、他

イン・ザ・プールの見どころ

奥田英朗の『精神科医 伊良部シリーズ』のひとつであるイン・ザ・プールを三木聡監督が映画化。
原作の中で「イン・ザ・プール」「勃ちっ放し」「いてもたっても」を一本の映画にしている。
伊良部総合病院の地下で精神科の医者として、変態医者の伊良部が患者を淡々と診る話である。

イン・ザ・プールのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

営業マンの田口はある悩みを抱えていた。ここだけの話、勃起したままおさまらないのである。
伊良部病院の泌尿器を受診した田口だが継続性勃起症とだけ言われて、改善方法が見当たらない。
しかしどうにかしたい為、同じ伊良部病院の精神科を受診することにした。地下にある精神科は他の病棟とは違い、看護婦はAVかと思う位のきわどい恰好をしていて、医者の伊良部は色白でデブでマザコン。注射フェチでとりあえず注射を打つ。しかし注射では治らない。田口は次第に同僚にも避けられるようになってしまったのだ。
実は田口は三年前の離婚でトラウマがあった。伊良部は嫁に会ってわだかまりを解いてみればという。
そうして伊良部は元嫁の職場に田口を連れて行く。田口はそこでも何も言えないまま終わってしまった。
治療法を見つけたと泌尿器科に呼ばれて行ってみると、珍しい症状であるために写真を撮りまくる泌尿器の先生。そこで怒りが爆発してしまった田口は暴れてしまう。すると勃起は収まったのである。
涼美はルポライターとして働く女性だ。
真面目過ぎて強迫神経症を発症してしまい、伊良部の元に通い始めます。タバコの火を消したかどうか何度も確認してしまう。自分で辞めようと思っても辞められないのだ。ところがなぜか、伊良部は煽るだけ煽るのだった。そんな時二人は死体の第一発見者となってしまう。予測できない体験をした涼美は開き直って、心配してもしょうがないと強迫神経症が自然治癒していく。

ネタバレと結末

大森は非の打ち所のないエリート。可愛い妻が居て愛人がいる。ストレス発散のために通っていたプールが、いつしか行かないと落ち着かなくなりプール依存症になってしまったのだ。
そんな中、大森の仕事がどうにも忙しくなってしまう。プールに通う時間が無くなってしまったのだった。
洗面器に水を張り顔をつけたり、お風呂で誤魔化そうとするがプールの事が頭から離れない。
ある日のこと、もう絶対に我慢できないと思った大森は、閉まっているプールに入り込んでしまう。
満足な大森だが、やっていることは不法侵入である。警察も来てしまい、大森はこうして伊良部の患者となってしまうのだった。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました