アジアンタムブルー/あらすじとネタバレと感想

アジアンタムブルー2006年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

アジアンタムブルーの概要

制作:2006年 日本
監督:藤田明二
出演:阿部寛、松下奈緒、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

アジアンタムブルーの見どころ

大崎善生の小説を実写映画化。
恋人の死んだあと、立ち直れない男が思い出を振り返るというストーリー。
日本とニースを舞台に美しい映像が魅力的な作品。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

アジアンタムブルーのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

2005年のこと、成人雑誌の編集者をしている山崎隆二にSM女王ユーカがカメラマンの続木葉子を紹介します。しかし葉子の撮る写真は水たまりばかりで、葉子は採用されることもなくそのままになっていました。
それでも他のカメラマンがドタキャンした時に隆二は葉子に連絡し、葉子を使います。しかし撮影が終わると二人は会うこともなく時間が過ぎていきました。
ある時編集長の奥さんがガンになり、隆二が編集長になりました。同時に、それまで感じていた仕事への疑問が沸き起こります。その頃コンビニでバイトしていた葉子と再会します。
そこから隆二は葉子は親密な関係になり、一緒に暮らし始めます。隆二は成人雑誌を作る中で心がすさむなか、葉子のふんわりとした空気はたまらなく心地いいものなのでした。葉子が育てているアジアンタムの事を隆二に説明し、アジアンタムが枯れることをアジアンタムブルーというのだと教えます。
ある日隆二に元不倫相手から電話がかかってきます。隆二は終わったことだというものの、葉子は出て行ってしまいました。隆二は高校時代の同級生の妻と不倫をしていました。隆二はきっぱりと終わらせて、ユーカの家に行っていた葉子を迎えに行きました。
葉子は複雑な家庭で育ち、祖母に育てられていたのです。そのため、隆二の裏切りが許せなく、そして同時にとても大切なものだったのでした。そんなある日、葉子が胃がんに犯されてしまいます。隆二は葉子にポロポーズし、一緒に病気を乗り越えようと励まします。しかし余命わずかだとわかり、二人で静かに過ごして居たいと隆二に願います。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

隆二は葉子が過ごしたい場所で過ごそうと提案し、葉子にどこがいいか聞くと葉子はフランスのニースだと答えます。隆二は会社を辞めて、ニースに行くことにしました。二人はニースで穏やかに暮らしていました。葉子は死ぬ恐怖に耐えられなくなって怖がります。そんな葉子に隆二は一緒に死のうと言います。葉子の気持ちに寄り添いながら葉子の余命を過ごします。
そうして葉子の最後の日まで寄り添った隆二でした。その後隆二は日本に帰り、水たまりを見かけて葉子の事を思い出します。葉子が最後に隆二に渡した手紙には、隆二への感謝の気持ちがふんだんに詰め込まれていたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました