紀子の食卓/あらすじとネタバレと感想

紀子の食卓の概要

制作:2006年 日本
監督:園子温
出演:吹石一恵、つぐみ、吉高由里子、宮田早苗、光石研、他

紀子の食卓の見どころ

園子温脚本・監督による映画。
自殺サークルのその後の映画となっている。作品の中に出てくるレンタル家族は主人公と仲のいいクミコが働く人材派遣会社である。
廃墟ドットコムというサイトは自殺サークルの時に実際に監督が立ち上げたサイトである。

紀子の食卓のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

紀子は親に不満を持ちながら違う場所に行きたいという漠然な思いを持って居る、いたって普通な女子高生。
紀子の楽しみは「廃墟ドットコム」という掲示板でくだらない話をすること。特に上野駅54というHNの子と仲良くなりました。
紀子の両親は地元の大学へ行けというけど、紀子は東京の大学に行きたい。父親の説教が今日も始まると老朽化した家のブレーカーが今日も落ちます。
こんな自分を取り巻く世界に嫌気がさした紀子は家出します。東京に着いた紀子はネカフェで廃墟ドットコムにログインします。上野駅54に会いたいというと、翌日会う事になりました。
上野駅のコインロッカーで無事に上野駅54であるクミコに会えました。
そこでクミコの家族を紹介され、様々な人に会いに行かされ、そこで家族のふりをするように言われました。
クミコはレンタル家族という仕事をしており、紀子は廃墟ドットコムで使っていたHNミツコを名前で使う事にしました。
クミコは廃墟ドットコムで知り合った女子高生54人が駅のホームで自殺するところを、紀子に見せました。
このニュースは新聞でも大々的に取り上げられ、紀子の家族の目にも留まりました。
紀子の妹ユカは廃墟ドットコムが集団自殺に関係がある事を発見します。紀子が事件に巻き込まれたのかもと思ったユカも失踪してしまいます。

ネタバレと結末

二人の娘が失踪してしまった母親は自殺してしまいます。
そして残された父は、ユカの残したノートを見て何もわかってなかったことを知り泣きますが家族は誰もいません。そして父は仕事を辞め娘を探すために東京に出てきます。
新聞記者をしていた父は残されたヒントから娘たちを探し出します。クミコを見つけましたが、はぐらかされてしまいます。そして父はレンタル家族を友人に依頼してもらうのです。
父は実家そっくりな家を再現し、約束の日が来たら自分はクローゼットに隠れます。紀子とユカはびっくりしますがそこへ父が出てきます。それでも紀子もユカも仕事を続けます。
父の友人と父は説得しますが、自殺サークルの仲間に止められます。父もナイフを持ってメンバーたちを殺しますがクミコがやってきて、自分も殺してくれと紀子の父に頼みます。
ユカが泣きながら、延長を頼みます。そして家族のふりを続け、家族がやり直す演技をし、ユカだけが寝静まった後に違う場所を求めて出ていきます。

紀子の食卓のみんなの感想

ネタバレなし

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)

ネタバレあり

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)