おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

家なき子 みなし子すずの哀しい旅/あらすじとネタバレと感想

家なき子 みなし子すずの哀しい旅邦画
スポンサーリンク

家なき子 みなし子すずの哀しい旅の概要

制作:1994年 日本
監督:細野英延
出演:安達祐実、堂本光一、斉藤洋介、小柳ルミ子、他

スポンサーリンク

家なき子 みなし子すずの哀しい旅の見どころ

当時大人気だった家なき子を細野英延監督が映画化。
主演は安達祐実。安達祐実の幼少時代が見れる懐かしい映画である。キメ台詞は「同情するなら金をくれ」。
犬のリュウと放浪を続けるすずがサーカスに入団さされてしまうストーリーになっている。

家なき子 みなし子すずの哀しい旅のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

相沢すず(安達祐実)は母を亡くしてから、犬のリュウと二人で生きています。
しかしすずはまだ12歳です。
リュウが弱っているのを見て、すずはクリスマスケーキを盗むことにしました。その日はクリスマスイブだったのです。しかしクリスマスケーキを盗んだことが店員にばれてしまい殴られてしまいます。

しかしすずも「同情するなら金をくれ」と反抗します。そこへ背の高い男がやってきてケーキの代金を払うのですずを解放してやってくれと言いました。その男は磯貝と言い、身寄りのない子供たちに居場所を提供しているといいました。そしてすずとリュウはバスに乗せられて磯貝の家に行きます。しかし磯貝はサーカス団をしており、子供たちはサーカス団に入れられるのでした。サーカス団に行くと、そこにはかつて親子ですずのことを苛め抜いていた伯母の京子が居ました。京子はサーカスでもすずを理不尽にイジメます。
すずは寝る所は物置小屋、そして一輪車乗りとして特訓させられます。そして京子の娘であり、すずの最大のライバル真弓とも再会します。真弓とそのとりまきにまたもやすずはいじめられ始めるのでした。しかし今回はいじめを止める堀口恵がいました。すずと恵は仲良くなりますが恵の兄である稔はすずに冷たく当たるのでした。恵は心臓の病におかされながらも空中サーカスを練習さされていました。
すずはリュウに昔助けてくれた闇医者黒崎を連れてくるように言います。その間もすずは稔が母親から本当の父親だと聞かされていた県会議員の南条にも当たりますが冷たくされるだけでした。

ネタバレと結末

そして無事に手術は終わり、恵は入院することになりました。
しかしそこに南条が現れて恵を殺してしまいます。そして南条は稔の事も連れ去ってしまいました。
すずはすぐに南条の所に行きますが殴られて気絶します。目が覚めるとサーカスで事故に見せかけて南条に稔と一緒に殺されるところでした。絶対絶命の中磯貝が助けに来ました。駆け付けたリュウも助けてくれます。そして南条と磯貝が戦って磯貝が南条に刺されて死んでしまいます。そして南条は稔が本当の子供だと知ります。そして戦いの時に負った傷が原因で南条も死んでしまいます。
稔は別のサーカス団に入ることになり、すずはリュウとまた旅することにしたのでした。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました