カオス/あらすじとネタバレと感想

カオス 2000年の邦画

カオスの概要

制作:2000年 日本
監督:中田秀夫
出演:中谷美紀、萩原聖人、光石研、國村隼、他

カオスの見どころ

歌野晶午の小説『さらわれたい女』を実写映画化。
とある便利屋が美人の妻に言われて狂言誘拐をし、実行するがトイレに行っているうちに本当に殺されていた。部屋の電話が鳴り男に妻を埋めるように言われて実行するがただ、不倫のもめ事に巻き込まれただけであり最後は皆死んでしまうというストーリー。

カオスのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

会社社長小宮山隆幸はレストランでデート中です。小宮山は右手に包帯を巻いており、ケガのため肉がうまく切れないのを女性が察して肉を切ってあげました。食事が終わり、小宮山が支払いをしていると女性は一人で帰ってきました。小宮山はそのまま会社に戻り、女子社員に妻から電話があったかを尋ねます。妻からの電話がないとわかるとそのまま社長室に戻るのでした。すると社長室に電話があり、妻の佐緒里を誘拐したから身代金3000万円を用意しろといわれてしまいます。小宮山はすぐに警察に電話し、自宅に浜口警部たちがやって来ました。
逆探知を設置し、犯人からの電話を待つ小宮山に犯人は明日会社で伝言ダイヤルから電話をして来いと言います。小宮山と刑事が指定の場所に向かっている時に犯人は小宮山の妻の姉に電話し、子供を誘拐して500万用意させ奪い取っていました。
・・・便利屋の元に一人の美しい女性がやってきました。その女性は小宮山の妻佐緒里です。佐緒里は黒田に狂言誘拐を依頼し、夫の愛情を確認したいので自分を誘拐してくれと言いました。黒田は引き受け、佐緒里が用意したマンションの302号室に向かい、本気度を見せるために佐緒里を縛って犯そうとしました。佐緒里が驚いてもリアリティを出すためだと黒田は言います。そして黒田は小宮山に電話をしたのでした。
そして佐緒里の姉からも身代金を奪い、黒田がマンションに帰ると佐緒里が殺されていました。
その時電話が鳴り、黒田が取ると死体を埋めるように言われます。迷ったもののこのままだと自分が犯人にされてしまうと思い、黒田は佐緒里を埋めたのでした。そして黒田が自宅に戻ると、離婚した母の元に居る子供が居ました。子供はいじめられており黒田の所に来ました。家に入れていると、黒田の元妻から電話が鳴り黒田は子供を元妻の所まで送るために家を出ます。その道中に、黒田は佐緒里にそっくりな女性を見かけるのでした。どうしても気になり、後で佐緒里を埋めた場所を掘り返しますが入っていたのは顔の違う死体でした。
その頃、浜口警部は公開捜査を始めました。しかし公開捜査で出された佐緒里の写真は別人でした。マンションを調べてみると302号室は津島さと美という人物になっており黒田が見た佐緒里でした。

ネタバレと結末

津島さと美は小宮山と不倫しており、最中に小宮山の妻が包丁を持って入ってきて小宮山が手をけがしながらも妻を絞め殺してしまったのでした。それから黒田に依頼したのでした。黒田は警察に行き、小宮山だけ突き出します。元々黒田は津島さと美に惹かれており、津島さと美を連れて逃亡し、体を重ねるもののその後、さと美は崖から飛び降りて自殺します。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました