おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

失楽園/あらすじとネタバレと感想

失楽園邦画
スポンサーリンク

失楽園の概要

制作:1997年 日本
監督:森田芳光
出演:役所広司、黒木瞳、星野知子、柴俊夫、寺尾聰、他

スポンサーリンク

失楽園の見どころ

渡辺淳一の小説を森田芳光監督が映画化。
不倫の純愛を衝撃的な内容と共にダブル不倫を描いた作品は世の中に衝撃を与えた。
主演は役所広司、黒木瞳。

失楽園のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1990年代の東京。久木祥一郎は優秀な編集者でした。妻と娘に囲まれて、仕事ひとすじで頑張ってきたからなのでした。
しかしある日、仕事の事で営業部と派手にケンカしたことで調査室に移動になってしまいます。
第一線からも外され、閑職ともいえる調査室で心が折れてしまいそうでした。
久木はこのころ50歳。時間とヒマを持て余すようになり、家族もそれぞれの道を歩んでいました。
そして大学時代の友人衣川と飲みに行くのでした。衣川はカルチャーセンターに勤務しており、そこにやってくる書道の先生の事を褒めちぎります。
一方その書道の先生は松原凛子といい、夫は医者でした。実の親が再婚しており、父という存在がわからないまま結婚しましたが、凛子が38歳の今でも子供はいませんでした。
そして居心地の悪い生活をなんとなく送っているのでした。
互いの人生に行き詰まりを感じていた二人は出会い、急速に惹かれていくのでした。
そして二人は肉体関係を続けていくのでした。二人は体を重ねるごとに思いが強くなっていきます。
二人はお互いのパートナーに言い訳ばかりを重ねて、旅行にまで行くようになってしまいます。そして二人が会うためのマンションまで借りてしまうのでした。

そして凛子の書の表彰会で衣川に二人の関係がばれてしまいますが、衣川はほどほどにしとけよと注意するのでした。
やがていくらなんでも凛子の夫が感づいてしまい、興信所を雇い、凛子の不倫を知る事となりました。
久木の妻にもばれてしまい、久木はつい自分の損得勘定が動いてしまい、久木は離婚しないといいます。妻の方が離婚したいといっても、凛子の事を精神的に弱らせて強い立場で居たいからというずるい思考が優先してしまい、離婚することを拒否します。そんな姿を見た娘は「お母さんを大切にしてくれ。」と言いますが、久木の頭の中には凛子しかいませんでした。

ネタバレと結末

凛子の夫もまた、凛子と離婚するつもりはなく久木と凛子は孤立していくのでした。
しかし、孤立すれば孤立するほど愛の炎が燃え上がり、お互いを愛おしくなるのでした。
そして久木の会社に、凛子の夫からの怪文書が届きます。それを理由に久木は会社を辞めて離婚します。
凛子も母親とも縁を切り、離婚して久木の元に行きます。
二人は結合したまま一緒に死にたいと願い、心中を決意し、ワインに毒を入れ体を重ねたまま死ぬのでした。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました