GO/あらすじとネタバレと感想

GOの概要

制作:2001年 日本
監督:宮藤官九郎
出演:窪塚洋介、柴咲コウ、大竹しのぶ、山崎努、他

GOの見どころ

金城一紀による半自伝ともいえる、小説を映画化。小説は直木賞受賞したこともあり前評判も良かった。
監督は行定勲、脚本は宮藤官九郎による豪華作品。
窪塚洋介と柴咲コウの青春恋愛の映画だが、「国境線なんか俺が消してやる」というキャッチコピーがそのまま映画になっている。
小説の段階で主演は柴咲コウをイメージして書いてあり、まさにだれが見てもイメージ通りのキャスティングである。
窪塚も柴咲もアカデミー賞をはじめ、その年の賞を総なめにした歴史的な映画であり、一度は見ておきたい作品。

GOのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

在日朝鮮人の杉原(窪塚洋介)は、高校進学の際朝鮮学校へは行かず日本の高校に進むことを決意。
時を同じくして、父親が朝鮮籍から韓国籍に変えて在日韓国人に。
父親(山崎努)からボクシングを叩きこまれており、日本の高校でもすぐにヤクザの息子と仲良くなってしまう。ちなみに父親はパチンコ屋の景品交換所を運営しており、妻(大竹しのぶ)との三人暮らしである。
家族の愛は深く、父も母も愛し合っているがたまに母が怒って家出してしまうなどの、比較的自由な家族だ。
高校のヤクザの息子のパーティーに誘われたことをきっかけに、桜井(柴咲コウ)と出会い心を合わせていく。
そんな時に杉原の朝鮮学校の友達である、正一が同じ朝鮮学校の女子が絡まれているように見え止めに入って殺されてしまう。
実際にはただ単に女の子が可愛くて声をかけようとしただけなのだが、普段から差別を受けていたので女子の方も正一も止めに入るしか方法がないように思えたのだ。
杉原は仲間に復讐を誘われるが、復讐しても正一は帰ってこないと断ってしまう。気持ちの持って行き方がわからない杉原は落ち込んでしまう。

ネタバレと結末

落ち込んだ杉原をどうにかしたいと、桜井は家族に「友達の家に泊まる」ことにしたことを告げる。
杉原と桜井はホテルに行くが、いよいよこれからという時に杉原は耐えられなくなってしまい、これまで桜井には秘密にしていた、自分が在日韓国人であることを告げる。
育ちのいい家で育った桜井は、エリートな父に人種差別を植え込まれており、杉原に「父が血が汚いと言っていた。」と言って杉原を拒絶してしまう。
杉原は超えられない壁にぶつかってしまい、そのまま帰ってしまう。
帰り道に警官と話をすることで落ち着きを取り戻し、大学に進学することにします。
受験勉強の中、クリスマスの夜に桜井から電話がかかってきて、二人はあれ以来会ってませんでしたが会うことにします。
杉原は何も言わない桜井に、思いをぶつけ、「俺はいったい何者なんだ」と問いかけ、桜井が「杉原が何人だって関係ない!」と言い切ります。
そんな桜井を杉原が抱きしめ、再び泊まりに行くのでした。

GOのみんなの感想

ネタバレなし

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)

ネタバレあり

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)