KIRI -「職業・殺し屋。」外伝- /あらすじとネタバレと感想

KIRI -「職業・殺し屋。」外伝- 2015年の邦画

KIRI -「職業・殺し屋。」外伝- の概要

制作:2015年 日本
監督:坂本浩一
出演:釈由美子、久保田悠来、文音、水崎綾女、小宮有紗、荒井敦史、月岡鈴、大西結花、倉田保昭、他

KIRI -「職業・殺し屋。」外伝- の見どころ

西川秀明の大ヒット漫画の実写映画化。
暗殺者として育てられたキリが闇の殺人請負サイトで殺人を請け負う人々を追う。ある日落札者がターゲット以外も惨殺するという非道な殺しをしたが、この犯人こそがキリがずっと追っていた人物であり、キリは探すが以外にも自分が面倒を見ていた子だったというストーリー。

KIRI -「職業・殺し屋。」外伝- のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

アンダーグラウンドサイト”KILLING ACTION”では殺しの逆オークションをしています。
三人で女子をイジメるグループの殺しにはリョウがメグミが200万で落札し、実行します。また別の場所では主婦のしおりが落札した殺しを実行しています。
このサイトは若い男ケイと女教師のアヤコの二人が運営しています。
同じころ、殺し屋キリは別の場所で殺しを実行していました。キリは殺しが終ると車いすの新里類に会いに行きます。キリはふと類と出会った時の事を想いだしました。
それは10年前の事。類は類のボスに殺し屋になるための特訓をしていました。そこにはキリが先生と呼ぶ美乃がおり、類は美乃の娘でした。キリと類は一緒に殺し屋になるための猛特訓を受けます。
しかしある日、美乃は目を潰されて殺されて、類は手首を切り落とされていました。キリが駆けつけた時、犯人はもう逃げておりキリは今でもこの時の犯人を捜しています。
ある日、ケイがKILLING ACTIONの管理をしていると、一円で殺しの依頼をするXXXという人物が現れます。対象は振り込み詐欺の男だけでしたが、XXXはその男だけでなくその場に居た三人も殺していました。
キリはネットでXXXの殺しの現場を見ると、美乃の時と同じ殺し方だとピンときました。ケイとアヤコはリョウ、しおり、メグミを呼び相談します。

ネタバレと結末

XXXをおびき寄せるために架空の殺しの依頼を架空の殺しの依頼に書き込みます。
するとやはりXXXが一円で落札します。三人は殺しのターゲットに扮して待ち、三人とXXXが戦いますが強すぎて五分五分でした。そこにキリが入ってきてXXXがその隙に逃げます。キリにはXXXが類だという事が解っていました。
キリは昔類を診断した闇医者に会いに行きます。類は人格障害で多重人格症でした。これまでも特訓の途中で突然切れて教官に刃物で襲い掛かったりしていました。自己のコントロールができないので教官と医者から殺し屋を廃業させられていたのでした。
キリは類に話を聞くと、美乃も自分の両親を殺していたので自分もそうしたまでだと言います。そして次はキリと類との戦いです。最後、キリは類にナイフを突き立てました。キリの中ですべてが終わった後、殺し屋から解放されようと思い教官の所に行くと、教官は新たな依頼をキリに依頼するのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました