下妻物語/あらすじとネタバレと感想

下妻物語 2004年の邦画

下妻物語の概要

制作:2004年 日本
監督:中島哲也
出演:深田恭子、土屋アンナ、宮迫博之、篠原涼子、他

下妻物語のあらすじとネタバレと結末

嶽本野ばらの小説「下妻物語」を中島哲也監督が実写化。
ロリータとヤンキー。そして尼崎と茨城県下妻市が一躍有名に。特に下妻市には合併の話があったが、この映画で一気に知名度が上がったため、合併されていない。
原作、映画と共に評判がいいごくまれな傑作である。2004年度公開、そしてこの年の賞を総なめにした映画である。

あらすじ

茨城県の下妻市に住む竜ヶ崎桃子(深田恭子)は元尼崎住民であり、ロリータファッションをこよなく愛す少女。
桃子は父親の作ったベルサーチのバッタ物を売って金にしようと、当時はまだ主流であった投稿雑誌に出した所、買いに来たのがレディースに所属する白百合イチゴ(土屋アンナ)であった。
尼崎に育った桃子は、心はイチゴよりであるが見た目には全くわからない。見た目には正反対な二人だが次第に仲良くなる。
桃子はいつも代官山にお洋服を買いに行くが、ある日イチゴが「伝説の刺繍屋」に会ってみたいといい、一緒に茨城から代官山へ。資金を稼ぐために二人でパチンコ屋に入りますが絡まれます。それを助けた一角獣の龍二にイチゴは惚れてしまいます。
一方、桃子は大好きなお洋服BABYの社長に刺繍の腕を褒められます。
伝説の刺繍屋が見つからなかったイチゴのために特攻服に刺繍をし、イチゴに大層褒められたことから桃子の中で達成感を感じてしまいます。
意気揚々として先輩の引退パレードに来ていくイチゴ。しかし先輩がこれからはこの人と生きていくと出してきたのはあの一角獣の龍二であった。落ち込むイチゴ。
そのころ桃子はBABYの社長に刺繍を頼まれます。期待が大きくプレッシャーに潰されてしまいそうな桃子はイチゴに電話するとすぐに飛んできて、桃子を励まします。
そしてイチゴはレディースを辞めるかも知れないからけじめをつける。と桃子に告げます。

ネタバレと結末

イチゴに励まされ、刺繍のワンピースが出来上がります。
するとイチゴの言っていたけじめの意味が解り始めます。BABYの社長に断りを入れ、祖母のバイク(原付)でイチゴの元に急ぎます。
が、途中で軽トラにはねられてしまいます。
しかしイチゴの事が気がかりな桃子は、そのまま原付に乗って向かいます。
イチゴは牛久大仏のたもとでレディースの仲間にぼこぼこにされていたところに桃子が到着し、尼崎弁でブチ切れます。帰りに原付で二人乗りしながら仲良く帰ります。
茨城のヤンキーとはけた違いの口の悪さに、レディースたちはビビってしまい、イチゴを無事に救出。
そしてイチゴはBABYの変態カメラマンに気に入られてロリータモデルとしてデビュー。
予想に反して人気となるが、イチゴ自身はバイク屋で整備士として働きながら町をバイクで走っている。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました