ナビィの恋/あらすじとネタバレと感想

ナビィの恋の概要

制作:1999年 日本
監督:中江裕司
出演:西田尚美、平良とみ、他

ナビィの恋の見どころ

沖縄の事を知りたければナビィの恋を見ればわかる。ともいわれるくらいの沖縄を舞台にした映画の代表作。沖縄の粟国島を舞台におばあの60年前の恋の話。
沖縄民謡や景色をふんだんに使った、音楽映画としても贅沢な映画である。
おばあ役にはちゅらさんで有名になった平良とみを起用。沖縄の言葉でナビィとは鍋のことである。

ナビィの恋のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

東京で仕事をしていた奈々子は仕事を辞めて粟国島に帰郷。
幼馴染のケンジに連絡船を出してもらい、そこで見慣れないスーツの観光客を見かける。
奈々子は両親の元には帰らず、真っ先におじいとおばあナビィの居る家に向かいます。おじいとおばあも奈々子が帰ってくるのを楽しみに待っていました。
しかしナビィはスーツの男をじっと見つめていました。その後ナビィは落ち着かず、こっそり出ていくことが増えたのです。
おじいはおじいで、ふらりとやってきた青年福之助を家に泊めます。福之助はお礼として牛の世話など家の事を手伝います。
実はおじいは福之助を奈々子の彼氏に・・・なんてことをたくらんでいました。
ある日、こっそり出ていくおばあをつけていくと、ナビィがあのスーツ姿の男と会っていることが判明します。実はそのスーツの男は、ナビィの60年前の恋人だったのです。約束を果たしに来たスーツの男と忘れられなかったというナビィ。二人は抱き合います。
スーツの男が島に帰ってきたことを知り、村人はユタに尋ねに行きます。すべての災いはスーツの男と言われ、ナビィももう会わないことを誓います。
ナビィは昔、スーツの男との間に子供ができましたが、またしてもユタに言われて引き裂かれてしまっていたのです。そしてスーツの男は島から追放されてしまいます。別れの日に柱に縛られたナビィの紐を自分との結婚を約束してくれる代わりに、おじいが紐をほどき、見送りに行くときに「必ず迎えに来る」とブラジルに帰った男が迎えに来ていたというわけです。

ネタバレと結末

ナビィは毎晩スーツの男に手紙を書きます。内容は私を連れて行ってくれという事。
おじいはナビィの気持ちに気が付いています。
ある日おじいたちは、何事もなかったようにナビィに「体には気をつけろ」といい、牧場仕事へ出かけます。
ナビィは大事にしていたブーゲンビリアの鉢植えを奈々子にあげます。実はこのブーゲンビリアもスーツの男からのプレゼントだったのです。
ぼーっとした奈々子が気が付いた時には、ナビィとスーツの男は船に乗っていました。ケンジに船を出してもらい追いかけた奈々子でしたが追いつきませんでした。
そして昔のおじいとおばあのように、奈々子はケンジにキスをするのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました