孕み-HARAMI- 白い恐怖/あらすじとネタバレと感想

孕み-HARAMI- 白い恐怖 2005年の邦画

孕み-HARAMI- 白い恐怖の概要

制作:2005年 日本
監督:田尻裕司
出演:前田亜季、矢口壹琅、高瀬アラタ、中山玲、磯貝誠、他

孕み-HARAMI- 白い恐怖の見どころ

17歳で妊娠し、出産するために両親と叔母夫婦のペンションに行くが近所に住んでいる坂田という男が次々と主人公に関わる人を殺していき、最後は主人公が坂田を殺すというストーリー。
キャッチコピーは「ニンゲンナンテ ミナ バケモノダ」

孕み-HARAMI- 白い恐怖のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

17歳のゆいは妊娠して、両親と共に叔母の車で雪の降る中を車で走っていました。
ゆいが妊娠したので、父は仕事を辞めて父の妹夫婦がしているペンションを手伝う事にしたのでした。車に乗っている時に、清潔感のない男が立っていました。すると叔母が近所に住んでいる坂田さんだと教えてくれます。そして叔母は坂田を車に乗せました。坂田は盲目でした。
車に乗っていると社内で鳥が飛び出し、皆が驚いていると盲目のはずの坂田が捕まえます。坂田を先に家でおろしてからみんなはペンションに行きました。
叔父も歓迎してくれ、ゆいと父にペンションの仕事を教えて行きます。キッチンに居た母が「水が出ない」と言い、叔母は水を止めるとすぐに凍るから気を付けるように言いました。
母は雪国での生活に慣れていなく、すでにもう帰りたいとねだるのでした。朝になり、ゆいが雪かきをしていると坂田を見つけます。そのすぐ近くに叔母夫婦の息子のショウタも居て、ショウタが坂田さんに雪の球を作って投げつけていました。ショウタは何度も坂田の顔に雪を投げつけていると、坂田が突然ショウタを驚かしていました。ゆいの母はこの出来事を伯母に話しますが伯母は遊んでいるだけだと相手にしませんでした。その後ゆいは散歩をしながら坂田の家に行き、家に入り込みます。家の中には坂田がインコと一緒に居ました。ゆいは坂田に「おじさん、セックスしたことある?セックスするとお腹に人がいるんだ。私はセックスしただけでお腹の中に人がいるようになった」と言いだします。

ネタバレと結末

坂田がゆいのおなかに手を当て、急に怖くなったゆいは坂田の家を出ます。
帰り道に雪が盛り上がっているのを見つけ、中を見ると老婆が死んでいました。すぐそばにインコも死んでいます。ゆいが倒れ、叔父が探しに来て老婆の事を言うと叔父が現場に行き、坂田の母だったと言いました。坂田をペンションに呼んで温まっていると坂田は母を殺したことを思いだし、突然伯母の首を絞めだします。叔父が怒り坂田はペンションを出ました。次の日には犬が居なくなります。叔父は車を出すものの雪崩で進めませんでした。ペンションは離れ小島となり、ゆいの母が発狂します。叔父は坂田の家の無線を使いに家を出ました。犬を見つけ、君の悪い坂田の家を飛び出した叔父ですが坂田に見つかり襲われ、外に野菜を取りに行った母も襲われました。外に出た父も襲われます。ペンションの中はゆいと叔母とショウタになり、伯母も襲われ、最後にゆいは鉄の棒で坂田を何度も何度も殴り殺します。一緒に居たショウタはその姿を見て、ゆいにバケモノ!と言って逃げるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました