おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

ミュージアム/あらすじとネタバレと感想

ミュージアム2016年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料トライアルを試してみる

スポンサーリンク

ミュージアムの概要

制作:2016年 日本
監督:大友啓史
出演:小栗旬、尾野真千子、野村周平、丸山智己、田畑智子、市川実日子、伊武雅刀、大森南朋、松重豊、妻夫木聡、他

スポンサーリンク

ミュージアムの見どころ

2016年、巴亮介の漫画を原作に大友啓史監督が映画化。
雨の日だけに現れる猟奇殺人「カエル男」を追う刑事のサスペンスホラーストーリー。
主演は小栗旬。

ミュージアムのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日自宅で寝ていた刑事沢村(小栗旬)の元に一本の電話が入ります。
事件発生の電話で沢村が駆け付けます。するとそこにはすでに彼の部下である西野がいて雨に打たれながら吐いていました。声をかけて現場に入って行くと降りの中には今回の凶器となる犬が居ました。そしてその奥には今回の被害者が犬に食い殺されて無残な姿になっていました。被害者の身元が調べられ、犬も検査を受けます。すると犬の体の中から一枚の紙が出てきました。その紙にはドッグフードの刑と書かれています。
そうしているうちに被害者の身元が出てきます。被害者は20代の女性で犬を飼っていたようです。犯人を追ううちにまた殺人事件が起きました。
今回は肉をそぎ落とされた男でした。椅子にくくりつけられたまま、体をはぎ落されて計りの上に置かれていました。この事件でのメッセージは母の痛みを知りましょうの刑でした。二人の接点を探していくと少女樹脂詰め殺人事件が出てきました。二人はこの事件の陪審員になっていたのでした。
しかし沢村の妻である遥もまたこの事件の陪審員となっていました。遥に電話するもつながらないで焦る沢村。実は遥は息子を連れて沢村に愛想をつかして出て行った所なのでした。
沢村は遥の事を心配しながらも殺人事件は続いていきます。
陪審員を務めた人物を追うも、突き止めた時にはすでに殺された後だったりしました。
そして計5人が殺されます。
そして沢村が遥のゆくえを知った時、遥と沢村の息子は犯人によって連れ去られていました。その頃同時に沢村は偶然犯人に会い、左手をケガしてしまいます。

ネタバレと結末

妻子も奪われた沢村は西野を呼び出し、少女樹脂詰め殺人事件の犯人は無罪なのに死刑判決を受け自殺した。その恨みによる犯行だと思っていたが間違いなのではないかと言いました。
沢村の前にカエルの被り物を被った男が現れ、雨の中沢村が追うも車にはねられてしまい西野に託します。
後で沢村が行くと、西野を殺そうとするカエル男が居ました。そのまま西野を突き落とし、西野は死んでしまいます。沢村は重要参考人になり、独断で捜査をします。そして一人の男の住所にたどり着き、家に入ると監視モニターがあり沢村が監視されていたことが分かります。その瞬間沢村が襲われます。目を覚ました沢村は遥と息子が殺された姿を発見します。そこにカエル男が来て沢村は怒りのあまり銃を突きつけますが、止めたのは妻の遥でした。遥は生きていました。そこに警察が来て、男は逃げ出します。男は捕まりました。
数か月後、沢村の家族は運動会を家族で楽しみます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料トライアルを試してみる

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

  1. シエター9男性20代 より:

    ミュージアムを観て

    元々巴亮介の漫画を映画化したもので、主演は小栗旬が演じています。
    次々と起こる惨殺な殺人事件。どれも雨の降る日で「カエル男」が現れ殺害する。それぞれには手紙が付いており意味がその被害者へのメッセージ・どのような刑かが書かれております。描写一つ一つが印象深いです。物語が続くにつれて被害者はどんどん増えてゆく、そしてついに主人公・刑事の家族までが標的になります。狙われる人の共通点はいかに、そして猟奇殺人「カエル男」は何者なのか見所です。

  2. りい女性20代 より:

    ミュージアム

    とにかく最初からかなり過激です。グロテスクな映像が苦手な方にはあまりお勧めしません。
    事件内容は、考えられていて現代に近い感覚でした。一緒に謎解きをできる作品です。
    ただ家族を本気で守ろうとする小栗旬がかっこいいのでファンの方には絶対見てほしいです。

  3. 映画大好き小僧男性20代 より:

    ミュージアムの感想

    孤独な刑事が猟奇的な犯人を追う、いくつも伏線が張られたサイコサスペンス映画。
    殺人現場のグロテスクさや犯人が残すメッセージ“〇〇の刑”などが全米ヒットした大人気映画『セブン』に似た印象を受けました。犯人を必死で追う姿や途中に家族を殺された絶望感など主人公の人間味も味わえ、気付くと作品にのめり込んでいました。
    主人公が家族を食べたと思い込んで絶望するシーンが特に印象的でした。

  4. るい女性30代 より:

    ミュージアム

    面白かったです。まずは小栗さんの刑事役は良かったです。ハラハラして次はどんな事が起こるんだろうと気になって一気に観てしまいました。事件なども謎が多く、猟奇的。後半、小栗さんが追い詰められていくところは痛々しくなりました。犯人は何故そんなことをするのか、途中犯人像を予想したりしますが、全く分からなかった。後で犯人を演じているのが妻夫木さんだと知ってすごくびっくりしました。エンドロール見るまで分からなかった。ただ、犯人とすれ違うシーンでは、今捕まえられるのでは?と突っ込みたくなることもありましたが全体的にはハラハラドキドキして楽しめる作品でした。

2016年の邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました