パッチギ!/あらすじとネタバレと感想

パッチギ! 2005年の邦画

パッチギ!の概要

制作:2005年 日本
監督:井筒和幸
出演:塩谷瞬、沢尻エリカ、高岡蒼佑、小出恵介、波岡一喜、尾上寛之、オダギリジョー、ケンドーコバヤシ、他

パッチギ!の見どころ

1968年の京都を舞台に、井筒和幸監督が当時の朝鮮高校の女子に恋する日本の男子という話を映画化。
パワーあふれる世代とパンチの利いた国との中で、新しい形の愛を見せつける。
パッチギとは朝鮮語で、突き破る、乗り越える、頭突きなどの意味がある。

パッチギ!のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1968年の京都で康介(塩谷瞬)は日本の高校に通う少年。対立している朝鮮高校にサッカーの試合を申し込みに行きます。
ガラの悪い朝鮮高校にビビる康介ですが、そこにフルートの音色が。
そのフルートを吹いているキョンジャ(沢尻エリカ)に一目ぼれしてしまいます。その時に演奏していたのはイムジン河。
少しでもキョンジャに近づきたい康介はギターに挑戦します。当時はグループサウンズが大ブームだったのです。仲良くなりたい康介はイムジン河を練習しはじめます。
キョンジャは冷たい態度を繰り返しますが、康介も負けてはいません。猛烈な康介からのアプローチに次第に心惹かれていくのです。そのころ、キョンジャから私と結婚したら朝鮮人になれるのかという質問をされてしまい押し黙ってしまいます。
ある日、キョンジャとコンサートに行き、キョンジャと康介はイムジン河を演奏します。キョンジャと家族とも一気に打ち明けたようになり、仲良くなれました。
そして偶然にもそこにはラジオ局のお偉いさまが居て、康介に名刺を渡して帰ります。
しかしここで問題が。
実はキョンジャの兄は朝鮮高校で番長をしていました。
朝鮮高校は時代もあり、当時はとにかくケンカっぱやかったのですが、キョンジャの兄の仲間がケンカを起こしてけがをした挙句の果てに、交通事故で死んでしまいました。
康介も葬式に行くのですが、これまで日本という守られた世界の中で生きてきた康介は、「帰れ!お前なに知ってる!」と言われて、改めて朝鮮と日本の深い溝を実感します。
そして行き場のない気持ちをギターにぶつけてしまい、ギターを壊し、川に投げ込んでしまいます。
その日にラジオの収録があった康介ですが、ギターなしででかけてしまうのです。

ネタバレと結末

当時はラジオでも朝鮮の音楽は放送禁止でした。
康介がイムジン河を歌うのは当然反対されます。しかし声をかけてくれたラジオ局のディレクターだけは応援してくれています。
はじめこそ康介は歌えないというのだが、ディレクターに押されて歌います。その康介の声が、ラジオを通じてキョンジャに届きます。
そして二人は晴れて恋人同士になったのです。康介は無事に国境を乗り越えた(パッチギ)のでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました