K-20 怪人二十面相・伝/あらすじとネタバレと感想

K-20 怪人二十面相・伝 2008年の邦画

K-20 怪人二十面相・伝の概要

制作:2008年 日本
監督:佐藤嗣麻子
出演:金城武、松たか子、國村隼、高島礼子、本郷奏多、他

K-20 怪人二十面相・伝の見どころ

北村想の小説『完全版 怪人二十面相・伝』を元に佐藤嗣麻子監督が映画化。
怪人二十面相と明智小五郎を軸に、スピード感あふれる爽快ストーリーとなっている。
主演は金城武。

K-20 怪人二十面相・伝のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1949年のこと。
舞台は第二次世界大戦が回避されたもう一つの世界です。華族制度が今だあり、極端な格差社会となっていました。
そんな日本で、世間を騒がせている泥棒がおり「怪人二十面相」「K-20」と呼ばれ誰も姿を見たことがないのでした。裕福層ばかりを狙った泥棒で、明智小五郎もまたK-20を追っているのでした。
K-20は学術会議で模型を盗み、今度はテスラ装置自体を奪うと堂々と宣言します。
そのころ、サーカス団のエース遠藤平吉は芸と持ち前の並外れた身体能力で貧困層を喜ばせていました。
ある日平吉はその身体能力を買われて、謎の紳士から奇妙な依頼を受けてしまいます。明智小五郎と財閥の娘羽柴葉子の結納の儀を写真を撮ってきてくれというものでした。しかしその依頼は罠で、正体がばれてしまいます。その平吉こそがK-20だと思われてしまい、小林少年や刑事から追われてしまいます。平吉にとって味方はサーカス団の源治と源治の妻でした。そしてもう一人、K-20に襲われた時に平吉が助けた羽柴葉子だけでした。
葉子はそれまで華族として暮らしており、平吉と生活して貧困層の実態を知ります。葉子にとってそれは衝撃的なものであり、カルチャーショックでした。
平吉は逃げずに、K-20と戦う事にしました。平吉は泥棒長屋に代々伝わっている、あの怪人二十面相も学んだと言われている修行ノートを源治からもらい受けます。泥棒修行をいそしみつつめきめきと泥棒としての才能を上げていきました。そして本物のK-20と変わらないくらいに成長したのでした。

ネタバレと結末

やがて平吉とK-20の直接対決の日がやってきます。葉子は本物のK-20の手を握った時、身近な誰かだと気が付きました。本物のK-20とは・・・明智小五郎だったのでした。明智小五郎はテスラ装置で世界中を支配しようとしていたのでした。二人の死闘は繰り広げられ、平吉が不利になった間一髪で葉子に助けられます。
平吉はK-20から、俺が死んだらお前の疑いを晴らすことができないぞ。と言われてしまいます。
しかし平吉は「俺がK-20として生きてやる」と言い放ちました。そして明智小五郎を倒します。
平吉はこれまでと同じように、K-20として、貧しい人たちを助けながら生きていくことにします。葉子とは立場上別れることになりましたが、平吉は葉子の事をいつまでも見守っていると約束し、消えてしまいます。
葉子もまた、人々を助ける立場に回り、自立して生きることを決意するのでした。

K-20 怪人二十面相・伝のみんなの感想

ネタバレなし

明智小五郎と怪人20面相と、ベタな話を彷彿させる。。。が、意外にも内容が引き込まれる。特に金城武のコミカルな動きがスゴイ!本当にスゴイ!目を離せないです。かなり本気で取り組んだであそろう、ダイレクトでスマートな動きにほれぼれする。そして昔を思わせる撮り方も良かった。後味も良く、爽快感だけが残るいい映画です。(30代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました