きみはいい子/あらすじとネタバレと感想

きみはいい子2015年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

きみはいい子の概要

制作:2015年 日本
監督:呉美保
出演:高良健吾、尾野真千子、池脇千鶴、高橋和也、喜多道枝、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

きみはいい子の見どころ

幼児虐待をテーマとした中脇初枝の短編集を呉美保監督が映画化。
主演は高良健吾。
大阪2幼児置き去り死事件を含めた児童虐待、いじめなどの社会問題を浮き彫りにした切ない映画である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

きみはいい子のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

新米の小学校教師岡野(高良圭吾)は、生徒との関係がうまく築けませんでした。
ある日のこと、生徒がおもらしをしてしまい大慌てで片付けすると、生徒の母から先生のせいだとクレームの電話が入ります。
トイレに行きたいのに先生が怒って行かせなかったと生徒が母に言ったようでした。岡野は必死で説明しますが、母親からは話にならないと言われてしまいます。主任に変わると、主任はまだ一年目だから気にするなと励まされます。しょげた岡野は帰りに彼女の家に行くが、彼女も岡野の話を聞いていませんでした。
岡野は生徒にトイレはいつでも言っていいというと、はっちゃけた子供たちは調子に乗りました。授業になりません。
そんな時岡野は一人の生徒がいつまでも残っていることに気が付きます。神田雄太という少年で、彼はいつも給食費の滞納をしていたのです。
なんとなくラーメン屋に誘い、家の事を聞くと母は看護師で母の彼氏がずっと家にいるといいました。
そしてお父さんと呼ぶことを強要され、ご飯も貰えないようでした。岡野が送っていくと、「お父さん」が居て、岡野に怒りました。
育児放棄だと思った岡野は次の日、神田を保健室に連れて行き、様子を聞くが神田は正直に言いません。
学校側ももし虐待があったとしても認めたくないため、その場は終わります。教室に戻ると今度は女子生徒の母親からクレームの電話がありました。その帰り道には彼女が他の男と歩いているのを見てしまいます。
岡野は次の日、宿題として誰かから抱きしめてもらう事を出します。神田は暗い顔をして帰りました。
次の日、神田は学校に来ませんでした。岡野が家に行くと誰もいないのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

夫が海外に単身赴任している水木雅美は三歳の子供が居ます。ある日虐待行為をしてしまいます。自分も虐待されて育ったので、連鎖していたのでした。しかしママ友が気が付いてくれ、水木の心を溶かしてくれるのでした。
・・学校の近くに住む佐々木あきこは老人ですが一人暮らしです。
痴ほうが出ていますが本人は気が付いていませんでした。スーパーでもお金を払わずに持って帰ってしまいます。ある日いつも家の前を通って帰る自閉症の子が、カギを忘れていたので一緒に遊んであげると、母親が迎えに来ました。すると母親はあのスーパーの人であり、あきこは自閉症の子のことを褒めました。するとはじめて子供の事で褒められた母親は泣いてしまいます。あきこには子供がおらず皆死んでしまって天涯孤独でした。子供と遊べて幸せなあきこなのでした。その日いらい、親子とあきこは時間を共にし、暖かい時間を過ごすのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました