闇の子供たち/あらすじとネタバレと感想

闇の子供たち 2008年の邦画

闇の子供たちの概要

制作:2008年 日本
監督:阪本順治
出演:江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、他

闇の子供たちの見どころ

2008年、タイで行われている人身売買、臓器売買、売春を取材する日本人の記者とカメラマンの物語。
映画は、はじめはノンフィクションとされていたが、生きたまま心臓を移植するなどのタイの法律では実際にできないことを指摘され、その後ノンフィクションという文字は消された。
キャッチコピーは「値札のついた命」「これは、「闇」に隠された真実の物語」であり賛否両論を巻き起こした映画である。
あまりにもタイ国のタブーを映し出しすぎ、タイでは上映禁止となってしまったが、監督自体はタイでの上映を目指している。
これはタイの幼い子供たちの環境を取り巻く、社会派の映画である。

闇の子供たちのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

タイ在住の記者、南部(江口洋介)はカメラマン与田(妻夫木聡)に田舎町での少女の人身売買の隠し撮りに成功したと、話を持ち掛けられます。
時を同じく、日本からタイで行方不明の子供が臓器売買や売春に使われていることを知り、音羽(宮崎あおい)がタイの児童福祉センターにやってきます。
南部は地元の情報屋に金を払い、臓器売買について聞き込みをすると「買うのは日本人」と聞いて事件を記事にしようとします。
音羽はセンターに来なくなった貧困家庭を訪問しますが、親には仕事に行っていると言われます。しかし実際には子供は売春によるエイズ感染によって、使えなくなったのでゴミ袋に入れて捨てられてしまいます。
少女が死ぬ間際に書いた手紙がセンターに届き、地元のボランティアであるゲーオと共に乗り込み、そのまま殴られて帰ってきます。
音羽と南部は情報を共有し、臓器を買う日本人を止めることを思いつき、日本に帰り依頼者に頼みますが、そうすると今度は日本に居る子供が死ぬことになると言われ無力感を味わいながらタイに帰ります。
南部は酒屋の主人から臓器移植の当日の日を探り、作戦を開始します。
南部は与田に、臓器移植の当日にマフィアに連れてこられるドナーの子の写真を撮ってくれと頼みます。

ネタバレと結末

臓器移植の証拠写真は成功したものの、福祉センターのボランティアであるゲーオが、突然ピストルを撃ち出しました。実はゲーオはマフィアの手先でありスパイだったのです。
ゲーオを含むマフィアたちは福祉センターの集会で銃撃戦を繰り広げます。
やがて警察との銃撃戦になり、その時に南部は倒れてしまいます。
制圧した警察はそのまま売春宿にも乗り込んでいき、摘発しましたが南部は自殺してしまいます。
与田が南部の遺品整理をしている時に、ペドフェリア(幼児性愛者)の記事を壁一面に張り付けている紙の真ん中に鏡があり、あれだけ感情をむき出しにし、事件を追っていたのにも関わらず自分自身も幼児買春に関わっていたことを見ている皆に示しているのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました