おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

かぐや姫の物語/あらすじとネタバレと感想

かぐや姫の物語国内アニメ
スポンサーリンク

かぐや姫の物語の概要

制作:2013年 日本
監督:高畑勲
出演(声):朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、他

スポンサーリンク

かぐや姫の物語の見どころ

かぐや姫の物語の一番の見どころは、スタジオジブリの技術力で表現される画面の美しさです。全体が水彩画のようなタッチで描かれていて、一般的なアニメーションとは異なる雰囲気に仕上がっています。それを作り上げるために、実に8年もの歳月がかかっています。
そして物語には独自の解釈が組み込まれていて、考えさせられる内容となっているのが特徴です。したがってかぐや姫という物語を知っている人でも、視聴して問題はありません。

かぐや姫の物語のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

基本的に竹取物語をベースとしているかぐや姫の物語は、竹取の翁が竹藪の中から女の子を見つけるところから始まります。ただ翁は光る竹を切るのではなく、タケノコの中からとても小さな女の子を見つけます。そしてその女の子は驚異的なスピードで成長し、すぐに子どもと遊べるようにまでなります。女の子は不思議な力を持って財宝を翁に与えたため、翁は女の子を高貴な姫にするためのお告げだと捉えて都へと移り住みます。
そうして都へ移らされた女の子はやがて姫になるための様々な教育が施され、抵抗をしながらも立派なかぐや姫へと成長します。そしてその美貌が評判を呼び、高貴な男性から求婚を受けるようになります。かぐや姫はその求婚全てを断りますが、断り切れなくなってしまいます。仕方なく男性たちに無理難題を押し付けて、それを突破した人と一緒になると伝えます。もちろん無理難題であるため、いかさまをしたり正直に挑んで命を落とす人が出ます。
そんな行いが御門にまで伝わり、妻にするために宮中への誘いが来ます。その誘いも断りましたが、御門は忍びでかぐや姫の屋敷へとやってきて、無理に連れて行こうとします。その時にかぐや姫は地上にはいたくない、月へ帰りたいと願ってしまうというあらすじです。
月へ帰りたいと願ってしまったかぐや姫は、自分が月の住人だということを思い出します。そして8月15日の満月の夜に、月からの迎えが来るのだと翁と媼に伝えます。

ネタバレと結末

物語の終盤の8月の15日、満月になった夜に、天人が雲に乗ってかぐや姫を迎えに来ます。地上の人々は武装した兵士を数多く揃えて天人を迎え撃とうとしましたが、天人の不思議な力によって全員が眠らされてしまいます。天人はさらにかぐや姫の正気を失わせ、雲に乗せたまま天へと連れ帰ろうとします。
けれどそこで女童というキャラクターと子どもの歌の影響で、かぐや姫は正気を取り戻します。そして天人から、翁と媼と別れを告げる猶予を与えられます。最後には地上のことを全て忘れてしまう羽衣を着せられて、かぐや姫は天へと帰ってしまいます。ただ最後の最後でかぐや姫が地球の方へと振り返り、涙を流すという含みを持たせた形で物語は幕を閉じます。
表面上だけだと竹から生まれ男性からの誘いを断り月へ帰るという、原作となっている竹取物語と対して変わりのない結末です。しかし全体を通して、見た人によって色々な解釈ができるような終わり方となっています。

かぐや姫の物語のみんなの感想

ネタバレなし

この作品はとにかく従来ジブリ作品とは絵のタッチが違います。過去作のファンであれば、最初は敬遠しがちかもしれません。しかし見てみるとシナリオも面白く、アニメーション表現としてもしっかりしたものが見られます。
かぐや姫という、子供なら誰でもどこかで聞いたであろうポピュラーな物語を題材にしていて、子供はもちろん大人でも話しにはいっていける作品だと思います。我が家は親子そろって楽しく拝見しました。(20代男性)

ネタバレあり

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

国内アニメ
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました