ハウルの動く城/あらすじとネタバレと感想

ハウルの動く城 国内アニメ

ハウルの動く城の概要

制作:2004年 日本
監督:宮崎駿
出演(声):倍賞千恵子、木村拓哉、神木隆之介、美輪明宏、我修院達也、大泉洋、大塚明夫、原田大二郎、加藤治子、他

ハウルの動く城の見どころ

監督は宮崎駿。
魔法で老女にされてしまった少女が呪いを解いてもらうために魔法使いハウルに会いに行くというストーリー。
キャッチコピーは「ふたりが暮らした。」「この城が動く。」「生きる楽しさ。」「愛する歓び。」「ヒロインは、90歳の少女。」「恋人は、弱虫の魔法使い。」

ハウルの動く城のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ソフィーは帽子屋で働いていました。生真面目なソフィーは父の残した帽子屋を継がなければいけないと思っています。ソフィーの母と妹は器量が良く、自分は器量が良くないと思っているのでソフィーはひたすら地味に生活しなければと思い込んでいました。
ある日、ソフィーは美青年のハウルに助けられて出会います。ハウルは美女の心臓を取って食べると噂されている魔法使いでした。しかしハウルは魔法を使って、ソフィーと空中散歩して助けます。それを見ていたハウルの命を狙う魔女がソフィーに呪いをかけて老婆の姿にしたのでした。そしてハウルを連れてくれば呪いを解くと言われます。
ソフィーはこの姿では帽子屋には居れないと思い、あてもなく飛び出します。が、体は老婆なので想像以上にすぐに疲れてしまうのでした。
しかし親切な人に助けられ、ハウルの動く城へ案内してもらいます。しかしハウルの城は四本足を持つ巨大なガラクタといった感じで、マルクルが居ました。中も散らかっているのでソフィーは掃除をすると言って居座りました。火の悪魔カルシファーはハウルと契約したせいで自由に動けなくなったと言います。契約の謎さえ解けば、自由に動けるのでソフィーも元の姿に戻してくれると言います。
ソフィーは昼間だけ老婆の姿になり、夜には元の少女に戻ります。そしてハウルは夜に鳥の姿になるという呪いをかけられていたのでした。

ネタバレと結末

ある日の事、ハウルの師匠でもあるサリマン女史がハウルを呼び出しますがソフィーが代理で行きます。一緒に荒れ地の魔女も呼び出されました。荒れ地の魔女はサリマンの姿を老婆に変え、魔力を使えなくしてしまいます。サリマンは国に協力(戦争に参加)しなければ、ハウルの魔力も奪うと言います。ハウルは戦争に賛同できないので悪魔と契約したのでした。
荒れ地の魔女と犬のヒンを連れて帰ったソフィーは城を動かそうとした時にハウルの心臓を見つけました。
すると荒れ地の魔女も心臓を見つけ、奪います。すると城はたちまち崩れてしまいました。その時ソフィーは城の隙間に別の世界を見て、そこに少年時代のハウルが流星を呑みこんで心臓を取り出す瞬間を見てしまいます。ソフィーが「未来で待ってて」というとソフィーの呪いは解けたのでした。そしてソフィーは荒れ地の魔女から心臓を返してもらい、ハウルに戻すとハウルとカルシファーの呪いが解け、カカシのカブにソフィーがキスすると呪いも解け、隣の国の王子の姿になりました。王子は戦争を止めに行き、ソフィーとハウルは新しい動く城を作り出したのでした。

ハウルの動く城のみんなの感想

ネタバレなし

ハウルはヘタレで頼りないんだけどかっこいいところが好きです。最初はソフィ対して冷たい感じなのにどんどん優しくなっていくところに見ていてきゅんきゅんします。マルクルやカルシファーやカブといったサブキャラもそれぞれ個性的で可愛いらしくて私もソフィーになりたいと思ってしまいます。(20代女性)

ネタバレあり

正直なところ、あまり好きな作品ではありません。テーマも分かりづらいし、意味がわからない場面がたくさんありました。最初、クールなキャラクターなのかと思っていたハウルが情けない姿をさらす(髪の色が変わってしまったことにパニックになる場面など)は、幻滅を感じ、いやでした。ソフィーも、若い姿の時でさえなんだか年寄りじみて説教くさいし、メインキャラクターに魅力を感じられないので観るのが苦痛でした。(40代女性)
アニメ映画のイメージがない木村拓也さんがハウルの声優を務めるということで、ジブリらしさが無くなってしまうんじゃないかと心配しましたが、壮大なスケールの素晴らしいファンタジー作品だったと思います。
なんとなくオズの魔法使いを思わせるような世界観も魅力的でした。マイクルや火の悪魔カルシファーなど魅力的なキャラクターもたくさん登場し、ストーリーを盛り上げていて面白いです。(30代男性)
荒れ地の魔女がタバコみたいなのを吸って、その煙で犬が涙目になるところが何度見ても笑ってしまいます。ペンドラゴンに荒れ地の魔女が若返りの魔法を解かれて、しわしわのおばあちゃんになるのも面白いです。ハウルが悪魔みたいになるのが少し気持ち悪かったです。最後の方でハウルの城が分解されて二足歩行の小さいロボットみたいになって走っていくのがいつ崖から落ちてしまうのかとハラハラします。(20代男性)
初めて見たときは木村拓哉さんが好きでみようと思ったのですが、木村さんの声だとは忘れてしまうくらいストーリーに夢中になってしまいました。ソフィーとハウルの純愛の様子、時間を超えた約束と、約束を守って出会ったんだ…!!という伏線回収にとても感動しました。また、それだけでなく才能があるという点で悩んでいるハウルの葛藤とそれに関係なくハウルを愛しているソフィーというのがすごく素敵で、何度も見たくなる映画です。(20代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました