おもひでぽろぽろ/あらすじとネタバレと感想

おもひでぽろぽろ 国内アニメ

おもひでぽろぽろの概要

制作:1991年 日本
監督:高畑勲
出演(声):今井美樹、柳葉敏郎、本名陽子、他

おもひでぽろぽろの見どころ

岡本螢・刀根夕子の漫画を原作にし、高畑勲監督が映画化。
キャッチコピーは「私はワタシと旅に出る」。
田舎暮らしに憧れる都会の女性が田舎にホームステイするうちに幼いころを思い出して、前進していくストーリーである。

おもひでぽろぽろのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある夏の事。東京でOLをしている岡島タエ子は10日間の休暇届を出します。
上司には海外旅行?と聞かれますが山形の田舎へ行くと答えます。
タエ子は小5の時から田舎が無いという事がコンプレックスでした。しかし今は違います。姉の夫の親戚の農家に二度目となる田舎暮らしを体験しに行くのでした。
タエ子は自分が小学五年だった頃を思い出します。同級生たちが長い休みにみんな、田舎に行くと行っていたのにひとりだけ都会に取り残されたように感じて、祖母と熱海の大野屋旅館にいく位はコンプレックスだったのでした。母から電話がかかり、結婚をせかされますがタエ子には興味はありませんでした。
そしてタエ子は電車を乗り継いて山形に向かいます。そして元サラリーマンの農家の後継ぎであるトシオに目的の農家の家に連れて行ってもらい、タエ子は早速手伝うのでした。
この休暇中にタエ子はことごとく小5のころの自分を思いだしていました。姉二人とのケンカや、当時ではまだ珍しかったパイナップルをはじめて食べた日の事など。淡い初恋のことなど、過去を振り返りながら山形での日々を過ごしていきました。

思いだしながら、また農家への思いがさらに魅力的に感じてしまうのでした。
そんな風に過ごしている中、東京に帰る前日にタエ子はトシオの祖母にトシオとの結婚話を持ち掛けられてしまいます。何の覚悟もないままに、田舎暮らしをしたいといって能天気にやってきて農家の真似事をしていた自分が恥ずかしくなったのでした。
そしてあまりにも一方的な縁談にタエ子は家を飛び出してしまうのでした。タエ子はトシオの事が好きですが、急に結婚と決めつけられると心が付いて行きません。そんなところにトシオが現れ、トシオに小5の思い出話を聞いてもらいます。

ネタバレと結末

阿部君の話をすると、トシオはタエ子に阿部君はタエ子の事を好きだったんじゃないかと言いました。
帰り道に、初めて真面目にトシオとの田舎暮らしを想像してみるタエ子。
帰る日にはトシオの祖母が念押ししに来ます。タエ子は返事をスルーし、農家の人々にお礼を言い電車に乗り込みました。電車に乗り込み、「今しかない!」と思ったタエ子はトシオの家に電話して戻ります。駅には迎えに来ていたトシオが居て、タエ子はトシオと結婚する決意をしたのでした。二人が車に乗って行った後ろにはタエ子の小5の時のクラスメイト達があの頃の姿で見送っていました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました