おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

風の谷のナウシカ/あらすじとネタバレと感想

風の谷のナウシカ国内アニメ
スポンサーリンク

風の谷のナウシカの概要

制作:1984年 日本
監督:宮崎駿
出演(声):島本須美、松田洋治、榊原良子、納谷悟朗、他

スポンサーリンク

風の谷のナウシカの見どころ

宮崎駿の漫画を宮崎駿監督がアニメ映画化。
「火の七日間」と呼ばれる最終戦争から千年後の近未来をSFファンタジーとして映画化。

風の谷のナウシカのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

世の中の化学が極限まで発達した後、火の七日間と呼ばれる大戦争となり、滅びた世界となりました。
その後に瘴気(熱病を起こさせる山川の毒気)を持つ、猛毒植物が発生し菌に犯された森は死の森へと変化していくのでした。腐海は一旦植物を枯らしていきますが、その後きれいな土になっていきます。腐海とその巨大な蟲たちの隙間で人間が暮らしているような状態でした。
風の谷の姫ナウシカはそんな蟲たちと心を通わせることができる少女でした。
ある日の夜、トルメキア王国の輸送船が墜落して燃えてしまいます。そこに残されたのは巨神兵の卵です。
炎の七日間で使われた最終兵器が巨神兵だったのです。トルメキア国は世界統一を目指しており、卵を奪取したのでした。
輸送中に風の谷に卵を落としたことを知ったトルメキアの姫クシャナは早速風の谷に部隊を送りつけます。
風の谷の族長ジルを殺し、ナウシカを人質に取ります。そしてトルメキアの大型船は風の谷を出発しますが、ペジテの王子アスベルに襲われ、ナウシカはクシャナをかばうだけでなく、アスベルの事も助けました。
アスベルを助ける時に、ナウシカとアスベルの二人は腐海の樹木が地球を浄化していたことを知ります。
蟲はそんな腐海を守っていたのでした。
次の日、ナウシカとアスベルはペジテに戻り、ペジテの市長から蟲を使って風の谷にいるトルメキア軍を全滅させるという事を聞きました。
それを聞いたナウシカは、急いでペジデから脱出し風の谷に戻りました。
風の谷に近づくごとに怒りで目を紅く染めた蟲たちの群れに出会います。蟲たちの先頭は瀕死の状態の王蟲(蟲の王様)の子供をぶら下げた飛行甕でした。

ネタバレと結末

蟲たちの怒りを、先頭にして風の谷に引き込もうとしている作戦です。
一刻を争うナウシカは武器も持たずに甕に飛び込みました。その頃風の谷では蟲たちの行動を知り、クシャナが巨神兵を使う事にしました。しかし卵から孵化した巨神兵はまだ未熟で、生まれてすぐに死んでしまいます。
風の谷は急な蟲の大群にパニックになってしまいます。その時、王蟲の子とナウシカが蟲の先頭に降りました。
怒りの蟲たちは一瞬で二人を蹴散らしたものの、進行は止まります。ナウシカは命がけで風の谷を守ったのです。その気持ちは蟲たちにも伝わり、蟲たちは触手でナウシカの遺体を天高く持ち上げて王蟲の力によって生き返ります。風の谷は救われて、ナウシカも戻り、蟲は腐海へと帰りました。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

  1. ヌー男性40代 より:

    音楽を聞くだけで鳥肌が立つ

    ジブリの初映画作品にして、宮崎駿の最高傑作の一つと言える。テーマは自然との共存。風の谷に伝わる伝説『その者蒼き衣をまとい黄金の野原を歩いてくる』という風の丘に伝わる伝説が実はナウシカのことを語った物語だったと、ファンタジーの王道中の王道。ただし、今でこそこれが王道と言えるのは、この作品の影響力が半端ない証拠。ナウシカが初めて公開された当時は新しいアニメ映画の形だったはずだ。今では音楽を聞くだけで鳥肌が立つ。

  2. あき男性20代 より:

    ジブリの最高作品!

    時代を感じる作画ですが、それでいてもとても綺麗な映像は流石ジブリ作品といった所です。キャレクターも個性があり、悪役として描かれているキャラのも信念のある描き方で誰も嫌いになる事なく見れるのでストレスも感じません。大型の虫が描かれる世界観なので、そこで見るのを躊躇う事もあるそうですが気にせずにぜひ一度見てほしい作品です。

  3. nishi男性40代 より:

    子供も感動する

    全国民が視聴済であろう公開から40年近くの月日が流れているアニメ作品です。
    私が初めて視聴したのは、小学6年生で、テレビ再放送でした。「救世、死、復活」という展開を始めて目にしたせいか、信じられないほど泣いて感動した記憶があります。
    ともあれ、作画、音楽、ストーリーともに、いまだ色褪せる事がありません。作品の根底にあるテーマも、現在に至るまで我々が解決できていない諸問題をはらんでいます。

国内アニメ
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました