D坂の殺人事件/あらすじとネタバレと感想

D坂の殺人事件 2015年の邦画

D坂の殺人事件の概要

制作:2015年 日本
監督:窪田将治
出演:祥子、河合龍之介、草野康太、他

D坂の殺人事件の見どころ

江戸川乱歩没後50周年記念作品として乱歩の小説を実写映画化。
明智小五郎がD坂の蕎麦屋の亭主が自殺という判定に待ったをかける。するとこの亭主の死には情欲と愛憎が複雑に絡んでいたことがわかるというストーリー。

D坂の殺人事件のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

団子坂の安アパート「東栄館」に住んでいる郷田三郎は退屈な日々を屋根裏の散歩によって、自身の変態的性欲を満たして過ごしていました。
そんな三郎はある日、偶然にも蕎麦屋”鈴木庵”の主人鈴木と花崎古書店の美しい婦人悦子の不倫現場を目撃してしまいます。目撃してからというもの、三郎は悦子に急速に惹かれていくのでした。
そんなある日の事、団子坂で入水死体として鈴木が遺体で発見されるのでした。警察は自殺と断定するものの、名探偵明智小五郎はその見解に疑問を抱きます。そんな鈴木の第一発見者は悦子の夫であり、小五郎は花崎古書店に話を聞きに行くことにしました。しかしそこには三郎の姿があり、小五郎は不審に思います。それに妻の悦子にも酷いあざがあり、小五郎は不思議に思います。そのまま調査を続けていきたい所でしたが、小五郎は仕事が立て込んでおり小五郎の妻の文代に調査してもらう事にしました。
文代はまず鈴木の妻を訪ねたが、自殺に心当たりはないと言いました。そして鈴木が花崎古書店に行っていたことを知ります。その頃、三郎は悦子に接触し、少しづついい感じになっていた所でした。
文代と小五郎は独自に現場を調査します。すると張り型が落ちており、それは鈴木のもので花崎古書店で買ったものではないかと考えます。文代にもう一度花崎古書店に行き夫から話を聞くように小五郎が言いました。その頃には三郎と悦子はすでに肉体関係にまでなっており、文代が花崎古書店の主人に話を聞きに行くと主人の手に縄で縛られたような跡を発見しますが鈴木との接点は見当たりませんでした。

ネタバレと結末

その後、文代は帰ったふりをして花崎が店を締めてどこかに行くのを付けていきました。すると花崎の主人は悦子と三郎の営みを見て興奮しているのを見ます。花崎の主人は今でいうNTRのはしりで、悦子に三郎とするように命じていたのでした。花崎は悦子に緊縛プレイを強要しており、三郎にもさせろと命じていました。さらにいうなら、悦子は花崎の娘だったのでした。悦子の母が生きていた頃からの行いで、母はそのせいで自殺していました。三郎は悦子から話を聞き、花崎を殺そうとしましたが悦子にもう会わないと言われてしまいます。少しでも楽にしてやりたい三郎は悦子の首を絞めるもののやめてしまいます。その後気絶した悦子を花崎がもう一度首を絞めに行くが、悦子が花崎の首を締めて殺します。鈴木を殺したのも悦子でした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました