おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

ダーティハリー3/あらすじとネタバレと感想、視聴方法についても

洋画他

画像はU-NEXTより引用

今回紹介するのは「ダーティハリー3」。

「ダーティハリーシリーズ」の3作目になります。

スポンサーリンク

ダーティーハリー3の概要

制作:1976年 アメリカ
監督:ジェームズ・ファーゴ
出演:

  • (ハリー・キャラハン)クリント・イーストウッド
  • (ケイト・ムーア)タイン・デイリー
  • (ブレスラー)ハリー・ガーディノ
  • (マッキー)ブラッドフォード・ディルマン
  • (ムスターファ)アルバート・ポップウェル
  • (ボビー・マックスウェル)デヴェレン・ブックウォルター
  • (市長)ジョン・クロフォード
  • (ディ・ジョージオ)ジョン・ミッチャム
スポンサーリンク

ダーティーハリー3の見どころ

初めて女性がハリーの相棒となり、これまでの男の相棒とは少し違った関係が面白い。

その一方で44マグナムを武器に悪を撲滅すべく大暴れするハリーの活躍は本作でも健在。

クリント・イーストウッドの代表作となったアクションシリーズ第3弾

ダーティーハリー3のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

相変わらず荒っぽく事件を解決するサンフランシスコ市警の刑事・ハリーの前に、彼さえも一目置くほどの根性と正義感を持つ婦人警官・ムーアが現れる。

一方、ハリーの相棒・フランクは、過激派グループの事件に巻き込まれて瀕死の重傷を負ってしまう。

ムーアと共に、フランクの事件の捜査を進めていくのだが…

ネタバレと結末

ここをクリックするとネタバレが表示されます

ハリーの相棒であったフランクは、瀕死の重傷を負っていたがその後殉職。

フランクが残した言葉を手掛かりに、ムーアと共に事件の捜査を進めていくことに。

フランクの検死解剖の立会い中に、突如として爆発テロが発生。

現場に居合わせた怪しい男ヘンリーを追跡し確保すると、彼が「ウルフ」という黒人の過激派組織の1人と判明し、その組織のボス「エド・ムスターファ」を追います。

ムスターファを確保しましたが、ムスターファ自身は事件に関与しておらず、主犯はボビー・マックスウェルという男と情報提供を受ける。

しばらくしてまた事件が発生、今度はボビーが市長を人質に取り、身代金500万ドルを要求しています。

ハリーは、爆発テロの際に確保したムスターファから再び情報を聞き出し、ボビーと関連深いワンダという女を追うことに。

ワンダが働いていると言われているお店に、ハリーは客として潜入しますがおらず、その店のボスからワンダは教会に通っていることを聞き出す。

教会に行きジョン神父から情報を聞き出そうとしていると、ワンダに背後から撃たれそうになりますが、ムーアに助けられます。

神父から、ボビーはアルカトラズ刑務所の廃墟に潜伏していることを聞き出すと、ハリーとムーアは市長救出と犯人逮捕のために乗り込みます。

激しい銃撃戦を繰り広げ、ムーアは無事市長の救出に成功しますが、そこに現れたのは主犯のボビー。

ボビーはムーアを銃で撃ち、市長を連れてどこかへ逃走します。

ハリーはムーアを助けようとしますが、ムーアは帰らぬ人に。

怒ったハリーはボビーを追い、鉄塔に登っているところを発見すると、持っていたバズーカで塔もろとも吹き飛ばしました。

ことが終わると、ハリーはムーアの元へと行き、彼女のそばで佇んでいました。

視聴方法

投稿時点での情報ですので、必ず詳細について当該サイトの情報を確認ください。

見放題で配信している動画配信サービスは以下の通り。

レンタルで配信しているのは以下の通り。

見放題で配信している2サイトは、無料トライアルがありますので、利用してみてください。

おすすめは圧倒的な作品数を誇るU-NEXTです。

動画配信サービスについては、こちらもご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました