恋愛寫眞 Collage of our Life/あらすじとネタバレと感想

恋愛寫眞 Collage of our Lifeの概要

制作:2003年 日本
監督:堤幸彦
出演:広末涼子、松田龍平、他

恋愛寫眞 Collage of our Lifeの見どころ

東京とニューヨークを舞台とした、写真をテーマにした恋愛ドラマ。
「ただ、君を愛してる」はこの映画とのコラボレーションで、市川卓志作「恋愛寫眞 もうひとつの物語」というタイトルで出版されている。
松田龍平と広末涼子の若い頃の作品であり、見ごたえがあるので未だに人気の映画である。

恋愛寫眞 Collage of our Lifeのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

里中静流という名前のカメラマンが、とある編集者の目に留まった。
女が現れるのかと思ったらそこには瀬川誠人(松田龍平)という男性が。里中静流で活動しているのには理由がある。
・・・誠人は仕事がうまくいかないカメラマン。ある日家に帰ると三年前に別れた元彼女からの手紙が入っていた。それこそが里中静流である。現在ニューヨークに住んでいて写真で生活していると書かれており、同封された写真からはとても生き生きとした、とても誠人には撮れない写真が入っていた。
誠人は大学で静流に出会い、一目ぼれ。突拍子もないことをする静流に惚れてしまったのです。
ある日静流の写真を撮ってあげたことで、静流から喜ばれたことをきっかけに誠人は静流の写真ばかり撮っていた。
そんな時誠人に嫌な噂が入る。静流と教授が不倫旅行に出かけたというのだ。誠人が家に帰るとそこに静流が居た。挙動不審の静流を招き入れると、静流は母親の位牌を取り出した。静流が生まれたせいで、母が不倫相手と別れたとつげ、その不倫相手は例の教授だった。
教授と自分との不倫の噂を流すことで教授の悪評を流すという静流をたしなめつつ、次第に静流と同棲するようになったのだった。
さまざまな写真を撮ったが、静流のお気に入りは寝ている時の写真。静流と誠人はカメラマンのコンテストに応募する。しかし静流だけが受賞してしまうのだった。
誠人と静流はカメラマンになる事を誓うが、誠人はコンプレックスが解消しないためプロになるまで離れて暮らそうと提案。

ネタバレと結末

時は経ち、誠人は同級生から静流がニューヨークで殺されたことを知る。
誠人は送られてきた写真を手掛かりに、静流の足跡を探す。誠人は静流の家にたどり着くと、母の遺影や静流が撮った写真が。静流の同居人アヤが帰ってきて、静流がメキシコに居ることを知らされる。
回り道をさせられるが、誠人はアヤが静流を殺したことに気が付く。
そして静流の遺体と会うが、顔はわからずとも手にみかんと書かれていることで静流だと気が付く。
誠人は静流のいない部屋で、確かに静流と会うのだったがその時には静流は亡くなっていたのであった。誠人はこれからも静流と共に生きていくことを誓う。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました