青い鳥/あらすじとネタバレと感想

青い鳥 2008年の邦画

青い鳥の概要

制作:2008年 日本
監督:中西健二
出演:阿部寛、本郷奏多、伊藤歩、重松収、他

青い鳥の見どころ

重松清の小説を実写映画化。
生徒の自殺未遂で東ヶ丘中学校は揺れていた時に吃音の臨時教師が赴任してきて、自殺未遂を起こした生徒の机と椅子を定位置に戻し、毎日声をかけて生徒たちのしたことを忘れないように説いていくという新しい形の教師。

青い鳥のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

いじめを苦に自殺未遂した野口の事件からしばらくたった東ヶ丘中学校では、野口も転校し学校も落ち着いて来ていました。ある日、自殺未遂事件を起こした当該学級に極度の吃音症の村内先生が臨時教師としてやって来ます。どもりながらでなければしゃべれない村内先生は、まず生徒たちに転校した野口の席を教室に戻させて、毎日挨拶をしていきました。生徒も教師たちも野口が転校したことによりやっと落ち着いてきたのに、生徒たちは再び心がざわつきだします。村内先生はそんな生徒たちに向かって「忘れるなんて卑怯だな」と言うのでした。しかしクラスだけの問題ではなくなり、そのうちに生徒の親からのクレームも出るようになってしまいました。
とはいっても学校も野口の自殺未遂をきっかけに、生徒に悩みなどを書いた紙を入れる青い鳥BOXを設置していました。それでも青い鳥BOXの中は、ゴミやいたずらの紙しか入っていませんでした。
村内先生のクラスの園部は野口を自殺に追い込んだのは自分ではないかと思い始めていました。野口は自殺する時に、遺書を書いており三人の実名を書いていました。そのうちの二人までは知っていたものの、もう一人の名前がわからず、それは自分ではないかと思っていたのでした。園部と野口は親しい間柄ではあったものの園部まで野口のイジメに加担したことから自分の事を恨んでいたのではないかと思うようになったのでした。
青い鳥ボックスを先生が回収すると、一枚の紙に人を嫌う事もいじめになるのか。と書いた紙がありました。生徒指導の先生は軽くあしらうものの、その場に居た園部は「俺も知りたい」といい、村内先生は嫌う事ではなく、一生懸命に話している人を一生けん命に聞かないことがいじめだと言いました。

ネタバレと結末

その後園部は野口の机の落書きを消しに行きます。村内先生が見に来て野口は何度もいじめをやめて欲しいと言っていたことを話します。村内先生はそんな園部を優しく諭しながら、園部はもう二度と同じ過ちを繰り返したくないと言いました。村内先生が学校を去る日、クラスの希望者に反省文を書かせます。するといじめの主犯者だった井上もやってきます。井上の手紙は反省文ではなく、「野口へ」という野口への手紙になっていました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました