楽園 -流されて-/あらすじとネタバレと感想

楽園 流されて2005年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

楽園 -流されて-の概要

制作:2005年 日本
監督:亀井亨
出演:街田しおん、榊英雄、小林且弥、不二子、ベンガル、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

楽園 -流されて-の見どころ

根本的にわがままな元アナウンサーが地元で元知事の父の後を継いで、選挙に立候補し馬鹿にして奴隷のようにこき使っていた男と無人島で暮らすことになってしまい、飢えのためやっと素直になるが男は妻を殺した後だった。自分だけが無人島から帰るも、選挙は終わった後だったというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

楽園 -流されて-のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

元アナウンサーの多々野恵利香は父親が元知事をしていた地元で自分も参議院選選挙に立候補することになります。
恵利香は選挙カーに乗って街を回るものの、恵利香はわがまま三昧で横柄、高圧的に当たり散らします。特に自分よりも下だと思ったら男も女も関係なしに当たる人格者だったのでした。
洋平は父と毎日漁師をしています。洋平の妻はスーパーにパートに行っており、店長からもらったという賞味期限切れの商品を自慢げに洋平に渡します。さなえは店長と浮気をしていたのでした。そして洋平は怒るものの、浮気の事は知っていても何も言えません。それでも洋平は夜になり店長の事をさなえに迫るのでした。さなえは洋平を馬鹿にし、洋平は思わずさなえを海に突き落とします。さなえは死んだように海に浮かんでおり、洋平は逃げ出しました。
ある日恵利香たちの選挙活動一家が洋平の父に船を出してくれと言ってきます。海からの選挙活動でした。そして漁港に行くとある男が恵利香を茶化します。恵利香が切れて帰ろうとすると男はホースで恵利香に水をかけました。完全に切れてしまった恵利香は船を降りて選挙活動を放り出します。その時買いだしに行っていた洋平と共にその場において忠と活動員は先に進みました。洋平が戻ると恵利香だけが居て、恵利香になんでもいいから船を出せと迫られ出したものの燃料切れで無人島に流れ着きました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

時間が経ち、洋平が魚を取ってきて恵利香にも食べさせようとすると恵利香が洋平に馬鹿にした態度を取り、罵倒します。そのまま恵利香がフラフラ歩いていると島で暮らす一人の男を見つけます。男はオールを作っており完全に自給自足の生活をしていて恵利香にも食べさせます。しかし男はオールが完成するとともに島から出て行ってしまいました。恵利香は洋平の元に戻りまた洋平をこき下ろします。洋平が恵利香を殴ると恵利香は気が済んだ?といってまた馬鹿にします。その後すぐに恵利香は食料にも困り、洋平に食べ物を恵んでもらいます。あまりの飢えに恵利香が初めて素直になり洋平に抱かれます。二人で生活しだすものの、恵利香だけをいかだに乗せて返し、洋平は島で暮らしていくと言います。洋平は結婚指輪と手紙を恵利香に渡します。
恵利香が帰ると選挙が終わっており、恵利香は不服を申し立てようとバス停に居るとさなえと会うのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました