黒蝶の秘密/あらすじとネタバレと感想

黒蝶の秘密 2018年の邦画

黒蝶の秘密の概要

制作:2018年 日本
監督:仁同正明
出演:染谷俊之、水沢エレナ、永尾まりや、中村優一、岩松了、美保純、他

黒蝶の秘密の見どころ

地方から東京に出てきて、偶然案内された安アパートで飛び降り自殺が起こり、大家夫婦が怪しいと探っていると自分も罠にかけられて食べられるというストーリー。

黒蝶の秘密のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

旅行会社に勤めている富山は、地方でトップの成績を取り、かねてから希望していた東京に転勤してきます。
まず富山は不動産屋に行き、近所と付き合いしなくてもいい七万の部屋を希望するものの、不動産屋にないと言われ出て行っていると、話を聞いていた不動産屋の社員岡崎がやってきて自分のアパートが丁度空いていると言ってくれました。案内してもらうと家具付きの家賃五万で部屋も気に入ります。そして岡崎は大家もいい人だからと言ってくれ、部屋を決めました。
富山の部屋は三階の303号室で、岡崎は305号。同じ三階には美人の美緒も住んでいました。大家の北浦夫妻も挨拶をし、家族のように思ってくれればいいと言われます。
次の日、新しい会社に行くと挨拶もほどほどに品川千佳という派遣社員を紹介されます。
帰ってくるとアパートの廊下で岡崎が美緒を怒鳴り散らしていました。表情一つも変えずに聞いている美緒に後で話を聞くと何も言いません。翌日会社に岡崎が怒鳴り込んできてあのアパートを出て行けと言われます。意味の分からない富山は岡崎をたしなめますがその日、岡崎は飛び降り自殺して死んでしまいます。岡崎の死体の傍には無表情の美緒と大家の容子の姿がありました。
その後、美緒は富山にやんわり近づきます。大家もまた一緒に食事をしようと言いだし訳の分からない因縁をつけてくるのでした。富山は少しづつ美緒に惹かれていくのでした。
翌日、富山がポストを見るとが岡崎の母からの手紙が入っていました。大家が岡崎には身寄りがないと言っていたのをふと思い出します。
会社では千佳も富山に近づこうとしてきます。富山はアパートでの出来事を千佳に話すと、他の階の人にも聞きに行こうと回りますが、岡崎のことよりも岡崎の前の住民桜木の事を話すだけでした。富山はアパートの前で居るホームレスに話を聞きます。すると住民を生贄にするアパートだと言われます。気になる富山は岡崎の前の住民を調べると、岡崎の前も前の前の住民もすぐに家を出ており同じ不動産に勤めていたことがわかります。そしてアパートはこの不動産の社長で、アパートの管理人が持ち主だとわかります。

ネタバレと結末

探っていることが大家にばれ、容子に探りを入れられます。しかしうまくかわされ、その後富山は美緒を抱きしめます。そして街を歩く美緒と千佳を見かけ、尋ねるも交わされて不審に思った富山が警察に行くと桜木の捜索願のポスターが貼ってありました。
富山はアパートに帰り、岡崎の部屋に入ると自分の部屋と同じような家具がありそこに監視カメラが付いていることを発見します。富山は部屋から飛び出します。そしてニュースでは桜木が発見されて臓器の一部が無くなっていると報道され、富山は大家が殺して食べたのだと思いだすと倒れてしまいます。倒れた富山を助けたのは千佳でしたがそのままスタンガンを向けて縛り上げました。なぜかそこに美緒も居ます。
そして家族写真を見せられたのですが、大家の亮治、容子と美緒と千佳が写っており、富山は自分がはじめから狙われていたことを知るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました