海街diary/あらすじとネタバレと感想

海街diary 2015年の邦画

海街diaryの概要

制作:2015年 日本
監督:是枝裕和
出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、他

海街diaryの見どころ

吉田秋生の漫画を是枝裕和監督が映画化。
主演は綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずといった豪華キャストが並ぶ。
キャッチフレーズは「家族を捨てた父が、のこしてくれた家族。」
四人姉妹の日々の生活を綴る物語です。

海街diaryのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

三姉妹の長女である幸(綾瀬はるか)、次女の佳乃(長澤まさみ)、三女の千佳(夏帆)教師をしていた祖父母の家である鎌倉の古い一軒家で生活していました。
幸は看護師。佳乃は銀行。千佳はスポーツ店と三人とも幸せに暮らしていました。
そこに15年前に居なくなった父が死んだという知らせが入ります。父は昔母を捨てて、他の女と再婚しましたが死別し、その後再再婚していたのでした。山形の温泉地に三姉妹が行き、そこで腹違いの妹すずと会います。
葬儀には沢山の人が来ていて、父の人生を表せているようでしたが、出ていくまでの父があまりにも最低だったため、なんだか納得いかない姉妹なのでした。
父の再再婚の相手は頼りなく、妹のすずは三姉妹の幼いころの写真を父が持っていたのだと渡しに来ました。
すずと話をしているうちに、父の世話をしていたのはすずだったとわかります。そして三姉妹はすずに鎌倉に来ないかと誘います。するとすずは即決して着いていくことになりました。
そして晴れて四姉妹となったのでした。
引っ越して、新しい中学に行くすず。周りとも打ち解けて女四人でわいわい過ごします。
楽しく思いながらも、すずは自分が邪魔ではないのかと思いだしてしまいます。
祖母の妹はそんな姉妹を見つつ、また嫁に行くのが遅れてしまうと嘆くのでした。
幸は医者と不倫をしていました。相手の妻は心を病んでいて、なかなか離婚しませんでした。
佳乃はヒモの男に振り回された上にフラれてしまいました。

ネタバレと結末

そんな時祖母の七回忌法要で、札幌に住んでいる母が来ました。
祖父母に三姉妹を預けて、家を出た母と三姉妹はそりが合いませんでした。その母が帰ってきて、鎌倉の家を売りたいと言い出しました。幸が激怒してしまい母とケンカになりました。
母が出て行った事まで掘り返してケンカする姉妹を聞いていたすずは、自分の母がこの家の父を奪った事で辛くなります。すずは父の二番目の奥さんとの子供でした。
あのまま山形に居れば、三番目の奥さんと暮らすはずでした。
しかしそこは家族なので次の日には仲直りします。家も売らずに済みました。
そのころ幸は不倫相手からボストンに一緒に行こうと誘われます。しかし断ってしまいました。
佳乃は融資課に配属され『海猫食堂』店主のさち子から遺産相続の相談をされます。さち子は末期がんで、幸が病院で最後を看取ります。さち子の葬儀の後、自然に四姉妹は家族となっていくのでした。

海街diaryのみんなの感想

ネタバレなし

当時話題作でした海街diaryを見ました。率直な感想は、全体的に淡々としていて、紆余曲折もなく、ただただ眠くなるばかりの映画でした。キャスティングは旬な女優を数多く採用し、それぞれの役柄の個性がでていて良いと思いましたが、肝心の映画の中身がないといった印象です。四季折々の鎌倉の景色や風景の良さ、風情は伝わるので、鎌倉旅行に行く前とかに見るのはオススメできます。(30代男性)
海街diaryは綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの4姉妹が主人公として田舎暮らしで集まってくるんですが、とにかくこの4人が可愛い。
何のどんな場面でもこの4人の誰かはスクリーンに出ていて、もう可愛い過ぎて男だったらただ見ているだけで及第点以上の評価をあげてしまいます。
ストーリーもこの4人を不幸にさせるでもなく、のんびりとしたでも末子のすずをちゃんと成長させる構成になってて好感が持てる。(30代男性)
こんな四姉妹がいたらすごく楽しいだろうなと思わせてくれる映画でした。神奈川の魅力の詰まった風景も素晴らしかったです。実際にロケ地巡りにも行きましたが、いつもとは違う雰囲気を味わうことができました。またこの四姉妹以外にも樹木希林さんの人間味あふれる演技がとても素晴らしく、感情移入して感動してしまいました。このような映画は飽きるかなと思いましたが、最後まで飽きずに見られたのはキャストの演技力が素晴らしかったからだと思います。(30代女性)
鎌倉の景色と4姉妹の美しさを堪能できる映画です。3人の娘たちが、自分を捨てた父親を良く思っていないのに、腹違いの妹と一緒に暮らそうと思えるかな?
あんなに上手くやっていけるかな?ちょっとみんなが優しすぎるところはありますが、姉妹の会話が自然で吸い込まれます。特に大きな事件は起こらないところがリアルですね。
長女、次女、3女、末っ子と、見る人によってあるあるが見つかるんじゃないかなと思います。(40代女性)

ネタバレあり

四姉妹の透明感がある美しさと四季折々の鎌倉の景色と家族の自然なやりとりに引き込まれました。最終的に広瀬すずが演じる四女の存在が姉妹達の宝物になったことがすごくよかったです。歳のせいなのかもしれませんが恋愛とかのドキドキする映画よりもこの映画みたいな地味なストーリーではあるけど淡々とした日常の生活を丁寧に描いた映画の方が疲れることがなくみることができるので好きです。(30代女性)
まずこの映画を見たいと思ったのは、豪華すぎるキャストです。こんな超美人4姉妹の映画見逃さない手はない、と思いました。この4人の姿を見るだけでも映画を見る価値がありました。4姉妹の過去は辛かったものだと思うのですが、それは昔話のように感じさせる、ほのぼのとした素敵な映画でした。
しかし腹違いの妹を引き取ろうと思うなんて優しいです。長女の幸は看護師で給料も普通のOLよりは良いから引き取れたのでしょうか。いいえ、きっと幸は看護師をやっていなくてもすずを引き取る事にしたと思います。
幸は29歳で独身なのに、妹二人を育てあげ、既にお母さんの気持ちになっているからですね。両親が相次いで出て行き、全て自分たち、特に幸がやりくりをしなければならなかったと思います。それまでもすごく苦労をしたんだろうな、と思います。でもその苦労があったからすずを引き取ろうと思ったのでしょう。
半分血がつながっているとは言え、いきなり13歳の妹を引き取るって並大抵な事じゃない、両親に恵まれなかった姉妹愛の素敵な物語でした。(50代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました