フラガール/あらすじとネタバレと感想

フラガールの概要

制作:2006年 日本
監督:李相日
出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、他

Japan's hu girls.wmv

フラガールのあらすじ

フラガールのみんなの感想

ネタバレなし

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
音楽の使われ方が素晴らしかったです。
主題歌だけでなくシーンごとの挿入歌が耳に残るものが多く、登場人物の表情を際立たせるのに一役も二役も買っていて好印象でした。
皆で一つのものを作り上げるまでの過程の描かれ方がすごく丁寧で、しかもそれぞれにくどさがなかったところがとても良かったです。
また全体の流れが誰かの演技で止まってしまうということが全くなく、キャストの演技力が抜群に高かったのが一番良い点でした。(30代女性)
炭鉱の町を活性化するため、寒い町にハワイのような暖かい商業施設を作り、地元のお嬢さんたちにフラダンスを教えてプロのダンサーに育てていく物語です。
東京から来た先生とフラダンスを習うひとりひとりのお嬢さんたちの触れ合いの中、頑なだった先生の心が解けていって、他人を想う気持ちを取り戻していく過程が印象的でした。
フラダンスも素晴らしく、自分も一緒に練習しているような、ショーに出るような緊張感や感動をおぼえました。
人間っていいな、と思わせてくれる、あたたかい作品です。(40代女性)
フラガールの映画は、女性が見ると元気をもらうことができますね。仕事として、必死でフラダンスを覚える、それをお客さんに楽しんでもらうことができるように工夫をするなど、楽しく見ることができました。またこのフラダンスを見ていて、自分も踊ってみたいという、そんな気持ちにもなったのでその意味でも興味を持てる映画であると感じます。フラダンスをする人口が、この映画により増えたのではないでしょうか。(50代女性)

ネタバレあり

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
炭鉱の町の町おこしのために、ハワイアンリゾートを作るのですが、福島県のような寒いところに、なんて突拍子もない計画なんでしょう。当時の人はさぞかし驚いたでしょうね。それが大成功しているのですから、すごいなぁ、と思います。ダンスの迫力や、みんなで協力して作り上げていく姿、素敵でした。蒼井優ちゃんの素朴な感じがとても可愛かったですし、しずちゃんもいい味を出していました。(30代女性)
1960年代半ばの福島が舞台の映画です。出演されている松雪泰子さんのファンだったので当時映画館に観に行きました。この映画は廃れていく地域の復活劇という実話に基づいて作られたようで、この映画をきっかけに当時の常磐ハワイアンセンターに足を運ぶ人が増えたのを記憶しています。公開は2006年ですが、今の日本の「地方再生」のヒントがあると思います。今の若い人にもぜひ観てほしい映画です。どんなに才能がある人でも、どんなにやる気がある人でも、人は1人では何もできない、周りのサポートがあってこそ実現できる。逆に自分に自信がなくても、周りのサポートによって開花できるということを教えてくれる感動のストーリーだと思います。(30代女性)
フラダンスという素材がただのスポ根にならない柔らかさがあっていいです。素朴さ全開の東北なまりも優しい雰囲気。そして豊川悦司のかっこよさよ・・・。
ストーリーは単純ですが、自然にみんなを応援したくなります。駅でのシーンはジーンと涙。ラストの蒼井優さんのダンスが圧巻で見ごたえあり!踊り終わった時の笑顔にこちらも何かをやりきったようなスッキリ感がもらえます。後味の良い映画です。(40代女性)
実話を元に作られたことでより深く惹きこまれました。女性が偏見を乗り越えて力強く生きていく姿が清々しく描かれています。常夏のハワイで踊られるダンスということで、女性たちも肌を見せると勘違いしたシーンは、当時の日本女性の慎ましやかなところが背景にあると思います。最初はおぼつかない踊りだったけれど、何度も経験を重ね立派なダンサーになっていく彼女たち。家を支え、村を支えることに誇りをもって、成長していく過程がみずみずしく描かれていました。最後の踊りのシーンは圧巻!やり遂げた彼女たちに心の中で拍手喝采です。(50代女性)
福島の田舎の町で炭鉱か何かの産業がなくなってしまいます。その代わりに町おこしの施設の目玉としてフラダンスを披露するための少女たちが集められます。講師の松雪泰子は都会からやってくるという設定のため、排他的な田舎の人からは良く思われないところもあります。しかし、そんな講師を信じて成長していく少女たちのサクセスストーリーは見ている側も成長できているような気分になります。この映画でしずちゃんや蒼井優の演技のうまさを実感しました。(30代女性)
福島の田舎の町で炭鉱か何かの産業がなくなってしまいます。その代わりに町おこしの施設の目玉としてフラダンスを披露するための少女たちが集められます。講師の松雪泰子は都会からやってくるという設定のため、排他的な田舎の人からは良く思われないところもあります。しかし、そんな講師を信じて成長していく少女たちのサクセスストーリーは見ている側も成長できているような気分になります。この映画でしずちゃんや蒼井優の演技のうまさを実感しました。(30代女性)