天空の城ラピュタ/あらすじとネタバレと感想

天空の城ラピュタ 国内アニメ

天空の城ラピュタの概要

制作:1986年 日本
監督:宮崎駿
出演(声):田中真弓、横沢啓子、寺田農、初井言榮、常田富士男、他

天空の城ラピュタの見どころ

宮崎駿監督の長編アニメ。
空の上に浮かぶ島「ラピュタ」をみずからの手で作り出そうとしている少年の前に空から不思議な少女が現れる物語である。

天空の城ラピュタのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

19世紀後半、ヨーロッパのある国では飛行中の客船が空中海賊ドーラ一家によって襲われます。
ドーラ一家の狙いは飛行石でした。
シータという少女の胸に飛行石を見つけたドーラたちは、窓の外まで追い詰めますがシータがうっかり手を滑らせて、真っ逆さまに落ちてしまいました。が、その時飛行石はシータを包むように光だしてシータを乗せてゆっくりと落ちていくのでした。
その姿を見ていた、見習い機械工の少年パズーは落ちてくるシータを受け止めます。
そして翌朝、シータが目を覚ますとパズーの家のベッドで寝かされていたことに気が付きます。パズーは両親の残してくれた家に一人暮らしをしていて、そこには大きな雲に覆われた天空の城の画を見ます。同時にパズーからこの絵によって詐欺師の汚名を着せられた父の話も聞きました。
そこへドーラ一家がシータを捕まえにやってきました。逃げ出した二人でしたが今度は軍まで追ってきます。
二人はまた逃げ出してうっかり鉱山から落ちてしまいますが、また飛行石によって助けられます。そこで出会った廃抗で2人はポムじいさんから「石が騒いでいる」と聞きます。そして石が騒いでいる時はラピュタが上にいる時だと言いました。
ラピュタ人が使用していた伝説の飛行石は天空の城ラピュタへもつながる鍵ともなります。パズーは幼少時代に父に聞いた話を思いだします。
そして外に出ると二人を待ち構えていた軍に捕まりました。二人はそれぞれに囚われました。
シータはムスカにラピュタの秘密について話すように言われます。
シータはパズーの釈放を引き換えにしてラピュタの秘密を話すと言います。
パズーは悲しみながら家に帰ると今度はパズーをドーラ一家が待っていました。
そしてシータが居ないことを知ると、軍に行こうとするのでパズーはシータを助けに一緒に行きたいと願い出ます。そしてその頃シータはムスカにラピュタの王家の末裔と言われ、ラピュタの封印を解く鍵を教えろと言われますがシータは何のことか分かりませんでした。しかし昔、祖母から教わったおまじないがを思いだし「我を助けよ、光よ蘇れ」というと飛行石が光だし、死んだはずのロボット兵が動き出します。
そしてシータが外に出ると飛行石は空を射し、ラピュタへの道を示しました。ムスカが飛行石を取ろうとした瞬間にドーラとパズー達がシータを助け出します。

ネタバレと結末

しかし、飛行石はムスカが取っていました。パズーとシータはドーラに海賊船に乗せて欲しいと頼み、光を射した方に向かいます。シータはパズーにおまじないのもうひとつは滅びる言葉でもあると教えます。
2人はグライダーに乗り、軍の飛行船と嵐に会い、目が覚めると天空の城ラピュタに居ました。しかし二人だけでではなく軍もラピュタに来ており、ドーラたちも捕まっています。そしてムスカに捕まったシータはラピュタの中に連れて行かれ、シータはラピュタの末裔と言い、飛行石を使って軍人たちを殺してしまいます。
シータは飛行石をムスカから奪い、逃げ出します。そこに来たパズーに海に捨ててと飛行石を渡します。
そして二人は滅びの言葉「バルス」を叫び、ラピュタは崩れ落ちてしまいます。シータとパズーは無事に地上に帰ります。そしてパズーとシータはグライダーに乗ってシータの故郷ゴンドラへ向かうのでした。

天空の城ラピュタのみんなの感想

ネタバレなし

知らない人のいないタイトルではありますが、改めて語るとなると思った以上に男の子の好きな物で構成されていますね。
空から落ちてきた女の子から始まる、レトロな機械とアクションと空と古代文明というロマン溢れる大冒険ですからね。
なおラピュタで個人的に一番好きなのは、そう言ったストーリー展開ではなくて申し訳ないですが木材が破壊されて破片が散らばっていくアニメ表現です。鉱山の街から出てしまうとほとんどなくなるのがちょっと残念です。(40代男性)
風の谷のナウシカに次ぐ、スタジオジブリの長編アニメ映画。主人公の少年少女が夢や冒険を通じて成長していき、ラピュタと呼ばれている伝説の大陸を帝国、空賊団、主人公らが巡ってストーリは展開される。
個人的には、食事のシーンや、機械類に対する監督宮崎駿氏の強いこだわりを感じることができ、何度と見ても鑑賞に耐えうる素晴らしい作品になっていると思う。この映画から、派生したネット界隈の祭り的なイベントや、パロディネタも多く見て損はありません。(30代男性)
当時、ラピュタのストーリー性と映像が衝撃的でした。特に、はじめてパズーがシータを抱える場面が、神秘的で印象的に残っています。メンバーも個性があって大好きです。空賊のドーラ家のお母ちゃんを筆頭に、その息子のキャラが好きで、笑えます。また、ラピュタは、音楽がいい!音楽と映像のコラボは、30年たった今でも鮮明に残っています。(30代男性)
この映画を観るときはシータ目線で見てしまうのですが、危ない場面になると必ず現れて助けてくれるパズーがかっこ良過ぎてキュンキュンします。ジブリ映画に出てくる男の子の中ではダントツでかっこいいと思います。あとこの映画に出てくる炭鉱の街並みが美しくて好きです。(30代女性)

ネタバレあり

正にジブリ全盛期といった感じの素晴らしい作品だと思います。中世をイメージさせる世界観で空に浮いている城を探すというというファンタジックなストーリーで面白く、勇敢なパズーや可愛らしいヒロインのシータもとても魅力的です。
海賊のドーラなど個性的なキャラクターがたくさん登場し、見所がたくさんあり、引き込まれます。コミカルなシーンもあり、感動的なシーンもたくさんあり盛りだくさんです。(30代男性)
パズーとシータの出会いから子供ながらにわくわくして見ていました。飛行石の力や古代から残る天空のラピュタ城の設定なんかは幻想的で好きでした。戦闘シーンも迫力があり、飛行機の描写も緻密で、釘付けになりました。最後のラピュタ城に残る文明は感動しました。機械と自然と動物とが共存する世界はいつまでも大切なことではないでしょうか。平和を祈る作者の思いが伝わりました。機械も文明も作りだす人の力はや思想次第で大きく変わるのではないでしょうか。(30代男性)
好きなシーンは、パズーがシータと抱き合い滅びの呪文を教えてもらい、ラピュタを守る為に2人で呪文を唱えるところです。全て滅びてしまったかと思いましたが、最後にラピュタが空に昇って行くときに、1人ずっと残っていたロボットが今までと同じように鳥たちと歩いていたシーンは良かったとホッとしました。ドーラの息子達がみんなシータを好きになって、飛行艇のキッチンへ次々に訪れるシーンも、おもしろくて好きです。(40代女性)
シータを助けに行くシーンが好きです。巨神兵がシータを差し出すところも感動するが、パズーがドーラ達とシータを助けに行くと決めた子どもなのに男らしいなと感じさせる部分があります。実際助けに行った時はパズーを信じて塔からシータが飛び降りるシーンがありますが、愛がなければあんなことできないです。子どもとか大人とか関係なく人の絆や愛みたいなのを感じさせられました。(40代女性)
ジブリの作品で一番の作品はやっぱり天空の城ラピュタだと思います。あの巨人兵やバズの活躍や観ていて本当に楽しく観れる作品だと思います。この作品のもう1つの特徴は何と言っても画像の綺麗さが本当に目立つ作品だと思います。空をテーマに出来上がってる作品だけにメチャクチャ綺麗な画像を楽しめると思います。 (40代男性)
パズーがシータと出会い、恋愛とは違うけれど、大切な人のために、一生懸命体を張って助けようと奔走する姿が、すごく素敵だなーと思います。お互いが、お互いの名前を呼び合うシーンは、ドラマチックでシビれます。冒険、友情、仲間、伝説、といった要素も大好きです。最後にはラピュタが滅びてしまう切なさも、いいエッセンスになっていると思います。ラピュタの風景も美しくて、できることなら、物語の中に入りたいと、子供の頃に本気で思っていました。子供がいたら、絶対見せたい作品です。(40代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました