ゲド戦記/あらすじとネタバレと感想

ゲド戦記国内アニメ
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

ゲド戦記の概要

制作:2006年 日本
監督:宮崎吾朗
出演(声):岡田准一(V6)、菅原文太、手嶌葵、田中裕子、他

スポンサーリンク

ゲド戦記の見どころ

映画ゲド戦記は、宮崎駿監督の長男宮崎吾朗監督の初映画作品で、名作小説の映像化が見どころの1つとなります。
ゲド戦記は主人公アレンによる父殺しという、衝撃的なシーンから物語が始まります。
立派な王とされる父を刺す急展開なので、作品を鑑賞する人は一気に物語に引き込まれます。
その後、何故あんなことをしたのかとアレンは苦悩する中で、同時に影なるものを怯えることになります。
父を刺した理由とは何か、アレンが怯えている影の正体など、ゲド戦記は最後まで目が離せないです。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

ゲド戦記のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

エンラッド国王子のアレンは、均衡を失いつつある世界で心を病んでいきます。
元々が純粋で生真面目が過ぎることから、世界の暗黒にまで心を悩ませます。
竜が共食いを始めたり、様々な災厄が王国に告げられるなど、あらすじは不穏な空気の中で始まることになります。
そして世界の異変と共にアレンも心の均衡を崩し、衝動的な行動に出てしまことになるのでした。
アレンはやがて正気を失い国王の父を刺殺してしまいますが、正気に戻ったところで自国を追われるように逃亡を図ります。
国を捨てて逃げる最中、アレンは賢人のハイタカに命を助けられることになります。
そこで世界の異変を起こしている災いを探す為に、2人は共に旅に出ることを決めます。
旅の途中、2人はハイタカの友人でテナーの家にお世話になります。
アレンは顔が半分赤いテルーに出会うのでした。
当初、テルーはアレンを嫌っていましたが、交流を深める中で打ち解け始めます。
ところが、アレンは永遠の命を望むクモに利用され、ハイタカとテナーを人質に取ってしまいます。
テルーは彼らを助けるべく、危険を承知で動き出すのでした。
城に乗り込んだテルーは、アレンを説得することで闇の世界からの脱出を果たします。
アレンは迷いを吹っ切りクモを追い詰めますが、あと一歩のところでテルーが殺されてしまいます。
しかし彼女は竜として蘇り、クモを倒すことで世界に均衡が戻るのでした。
崩れていた均衡は元に戻り、世界に平和がもたらされることになります。

ネタバレと結末

ゲド戦記の主人公アレンは、心の光だった分身が影になり、去ってしまった結果心の均衡を失いました。
その結果、アレンは父を衝動的に刺してしまい、国を捨てて逃げるという行動に出ることになります。
世界の均衡に異変を感じた大賢人のハイタカは、命を助けたアレンと共に災いの源を探す旅に出ます。
旅の先々で、ハイタカは世界の均衡を崩さない為に、魔法をみだりに使ってはいけないとの考えを見せます。
2人がお世話になるテナーはハイタカの昔なじみで、彼の理解者であると同時に真名を知っている人物でもあります。
またテルーの本名はテハヌーで、実は竜だということが終盤で明かされます。
クモを倒し世界の均衡を取り戻したアレンは、自らの罪を償う為に国に帰る決心を固めます。
最後まで解けなかった謎はいくつか残りますが、均衡を取り戻した世界で皆が笑顔で食事をしたり、アレンがスッキリとした気持ちになったのは間違いないです。
考察の余地が多分に残されていますが、それだけ想像を掻き立てる終わり方ともいえるでしょう。

スポンサーリンク

ゲド戦記のみんなの感想

ネタバレなし

この「ゲド戦記」は「風の谷のナウシカ」を思い出させる世界観で、ユパとハイタカなど重なるような登場人物も出演し、背景などの絵も壮大スケールで描かれていて、非常に綺麗でした。時折ジブリらしからぬ狂気に満ちたような表情を主人公がしますが、ファンタジー性のある作品でした。
劇中にヒロインのテルーが歌う「テルーの唄」が、透明感あふれる素晴らしい声で癒されます。高揚感のあるシーンがもっとあれば良かったかなと思います。(30代男性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

国内アニメ
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました