おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

GOTH/あらすじとネタバレと感想

GOTH邦画
スポンサーリンク

GOTHの概要

制作:2008年 日本
監督:高橋玄
出演:本郷奏多、高梨臨、他

スポンサーリンク

GOTHの見どころ

乙一の小説GOTH リストカット事件の「暗黒系」「記憶」をベースとしたオリジナルストーリー。
死体を見るのが好きな少年と少女。リアルタイムで進行中の手首切断猟奇連続殺人事件を追ううちに事件に巻き込まれてしまう物語。
監督は高橋玄。主演は本郷奏多。

GOTHのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日、公園の噴水で左手首が切断された若い女の死体が見つかりました。
猟奇殺人事件としてニュースになり、女子高生森野夜が現場を見に行きます。同じように男子高生の神山樹も見に行きます。二人は死体を見ることが趣味だったのでした。同じ趣味を持つ二人は必然的に話すようになります。
ある日森野の誘いである喫茶店に行きました。その喫茶店は変人ばかり集まるお店です。
その日神山は森野のマンションまで尾行します。
その猟奇殺人事件は実はふたつめの事件で、二人ははじめの事件の現場に行くことにしました。同じころ神山の妹の桜が犬の散歩中に同じく左手首が切断された死体を見つけてしまいます。
兄いわく、妹は死体を見つける達人で、これまでもいろんな死体を見つけてきたといいます。
森野は幼少のころ、自殺ごっことして首つりごっこをしていて妹の夕の命綱が外れてそのまま死んでいった過去がありました。妹の死体こそが、森野が初めて見た死体でした。
森のは喫茶店で神山にその話をした後、店内で手帳を拾います。なんとその手帳は猟奇殺人犯の殺人日記であり、まだ発見されていない死体の殺し方と場所が載っています。二人がその場所に行くと、死体があり、二人は警察には言わずに自分たちで調査することにしました。森野は家に帰って考えます。喫茶店にいたのは全部で7人でその中に犯人がいるはずだと思いました。
そこで森野は4人目の犠牲者とそっくりの恰好をして喫茶店に行きます。殺したのに死んでないとわかると犯人がやってくると思ったのでした。

ネタバレと結末

帰りに神山から手帳を預かります。そして神山から借りている携帯電話に電話が入ります。神山しかかかってこないのに、違う人から電話が入り不審に思っていると、妹が死んだときの記事が郵便受けに入っていました。森野が学校から帰ろうとすると一台の車がやってきて乗り込みました。神山が学校に行くと森野が学校を休んでいました。学校を早退し死体現場を探しますが何も見つからず、喫茶店に行くとマスターと二人きりになります。手帳はマスターのものでした。そして二階が死体の解体場所になっており、マスターに二階のカギをもらって、上がっていくと森野が居ました。そのまま森野に紐を巻き付けて帰ります。
夜に携帯に電話すると、実は自殺ごっこで死んだのは姉の方で、妹が姉に成りすまして生きているといいます。あの時助けようとした姉に罵倒されて助けるのをやめたといいました。その後、成りすまして生きていると聞いて電話を切りました。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました