欲動/あらすじとネタバレと感想

欲動 2014年の邦画

欲動の概要

制作:2014年 日本
監督:杉野希妃
出演:三津谷葉子、斎藤工、コーネリオ・サニー、他

欲動の見どころ

心臓病を抱えている夫とその妻が、夫の妹の出産のためにバリ島に旅立ち、生きる欲望を確認する物語である。
主演は斎藤工。監督は杉野希妃。

欲動のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

千紘(斎藤工)とユリの夫婦は、千紘の妹、九美がバリ島で出産するために二人でバリ島を訪れます。
空港には九美の夫であるルークが迎えに来ていました。九美の家はペンション風の日本にはない感じの建物です。長旅に疲れていた千紘はすぐに休みます。千紘は九美の夫とあまり会っていなかったので、改めてお互いを知って行きます。ルークはオランダ出身でバリ島に住んでいました。九美はバリ島でルークと知り合い結婚してバリ島で住んでいます。
九美は病院が嫌いで、できれば家でお産したいという希望なのでした。なので腕のいい助産師に頼んでいたのです。千紘はスキューバダイビングのインストラクターでしたが、病気で引退し、ユリは看護師です。二人はスキューバダイビングを通して知り合い結婚したのでした。
なので九美は是非ユリに居て欲しいと望みます。ユリももちろん喜んでと引き受けます。
色々と話をしていきますが、皆が避けている話題がありました。それは千紘の心臓病のことです。
千紘は心臓病で、余命もそれほど残っていませんでした。みんなが千紘の余命を受け入れようと思いだします。
千紘もまた命の重みについて深く考えているのでした。
バリ島ではユリは次々と男の誘いがあり、ついに応じてしまいます。
ユリはユリで夫が居なくなった後の自分を想像できかねていました。
千紘に九美が病気の事もあるし、薬もあるから日本に帰れと言いました。しかし、そのころ、九美が産気づいてしまうのでした。
帰ってきたユリは九美にかけよります。

ネタバレと結末

助産師やユリが慌てている間、千紘は何をしていいのかわからずにうろうろしてしまいます。
結局九美の頭を支えることで落ち着きます。そして無事に赤ちゃんが生まれてきました。
九美はこんなにしんどかったけど、こんなに可愛い赤ちゃんが生まれてくることに感動しています。
もうすぐ死んでいく千紘と生まれたばかりの命。ユリの心が揺れます。
寝ている千紘の傍により、千紘を求めるユリ。子供が欲しいと思うが、千紘の病気の事を考えると負担にしかなりません。手を止めてしまいました。しかし今度は千紘から求めてきました。その後千紘は寝ますが小さな発作が出てしまいます。千紘がユリにすがります。
早朝、二人は海辺を散歩して、千紘はユリを呼びますがユリは応じず動かないのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました