ジョゼと虎と魚たち/あらすじとネタバレと感想

ジョゼと虎と魚たち 2003年の邦画

ジョゼと虎と魚たちの概要

制作:2003年 日本
監督:犬童一心
出演:妻夫木聡、池脇千鶴、上野樹里、新井浩文、他

ジョゼと虎と魚たちの見どころ

田辺聖子の短編小説「ジョゼと虎と魚たち」を犬童一心が映画化。
妻夫木聡と池脇千鶴のベッドシーンもあり、当時も話題だったが今でもサブカルファンを魅了するロングセラー映画となっています。
歌もくるりが担当し、世界観が非常にマッチした鳥肌物の作品のひとつです。
・・・足の悪い少女と、大学生の少年の恋愛映画です。

ジョゼと虎と魚たちのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

恒夫(妻夫木聡)は雀荘でバイトする大学生。そこで奇妙なばあさんの話を聞く。
ばあさんは、いつも乳母車を押して徘徊しているという噂だ。
ある日の明け方、恒夫は噂のばあさんを目撃する。乳母車は猛スピードで突進してくるのですが、乳母車の中に包丁を握りしめた少女が乗っていたのです。実はばあさんは、孫を隠して育てていて、夜中に孫を乗せて散歩するのが日課だったのです。
少女の名前はジョゼ。生まれつき歩けないといいます。そのまま二人が住む家に連れて帰られて、ご飯を出してもらいます。
一方で恒夫は大学で思いを寄せる女の子が居ます。女の子は福祉の道に進みたいというので、かいつまんでジョゼの話をします。
そのころジョゼは散歩の時に、雀荘の誰かに傷つけられてしまいます。散歩をやめるように言いますが、ジョゼは外の世界が見たいといいます。ジョゼはばあさんが拾ってきてくれてた古本から、外の世界を想像しています。沢山の本を読んでいるので知識だけはあります。
恒夫はジョゼが昼間でも出歩けるようにと乳母車に細工して連れ出します。恒夫はばあさんに怒られますが、ジョゼは知人の幸治を訪ねます。
幸治が言うには、ジョゼと幸治は同じ施設で過ごし抜け出したそうです。
そのころ恒夫は国にジョゼの家のバリアフリーの補助金を申し込んでいて、無事に通ったためジョゼの家を改装します。そこへ大学の女の子を見学に連れてきて、ジョゼをネタにしたことでジョゼとばあさんに怒られてしまいます。
その後、しばらくしてばあさんの家に行ってみると、工事の人からばあさんが急死したことを聞かされます。
ジョゼの家に行くと、ジョゼはゴミを出してもらうために近所の変態に胸を触られているそう。
恒夫にも帰れ!と怒鳴りますが、帰れと言って帰るなら帰れ!・・・ずっと一緒に居て欲しいと泣かれます。

ネタバレと結末

恒夫とジョゼは結ばれました。一緒に暮らし、いろいろな所にデートに行きます。
実家にも連れて帰ろうとしますが、どうしても障碍者との結婚に悩みます。今までずっと海の底に沈んでいたジョゼは恒夫と別れたとしても、それでいいと納得します。
数か月後、二人は別れることになり、荷物をまとめた恒夫にジョゼはエロ本をプレゼントします。
恒夫は別れの理由は自分にあるといい、ジョゼの元を離れますが耐え切れずに号泣してしまいます。一方ジョゼは、電動車いすに乗って買い物に行き大好きな料理を自分のためにだけ作るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました