春の雪/あらすじとネタバレと感想

春の雪 2005年の邦画

春の雪の概要

制作:2005年 日本
監督:行定勲
出演:妻夫木聡、竹内結子、高岡蒼佑、スウィニット・パンジャマワット、他

春の雪の見どころ

三島由紀夫の長編小説『豊饒の海』4部作の第1部『春の雪』を行定勲監督が映画化。
惹句は、「永遠を約束されたはずのふたりに、その悲劇は静かに訪れる…」
大正初期に禁断の愛を行った二人の生きざまを映し出すストーリーである。
主演は妻夫木聡。

春の雪のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

大正時代。松枝家の清顕は綾倉家に預けられていました。松枝家は成金でしたが綾倉家は今は没落しているけれども、もともと由緒正しい公家の家です。
そんな大人の事情をよそに、清顕と聡子は仲の良い幼馴染でした。
いつのころからかお互いに好きな気持ちが湧きおこりますが、清顕にとって聡子は清顕よりも身分の低い家柄、そして聡子は清顕よりも年上だったのです。
綾倉伯爵はもともと、この二人の縁談が来ると思っていてあらかじめ邪魔しようと思っていました。それが唯一できる成金の松枝への復讐だと思っていたのでした。侍女の蓼科にもしっかりと伝えます。
清顕は聡子への思いを伝えることなく、里子は清顕からの告白を待ちつつ二人は時間だけが過ぎていくのでした。
聡子は松枝家が次々に持ってくる縁談を断り続けていました。しかしある日聡子に洞院宮治典王からの縁談が持ち上がりました。聡子の家は没落している上に立場上断りにくい縁談でした。
聡子は蓼科を通して清顕に手紙を出しますが、清顕は照れているのか本気にしていないのかあまり読まずにいました。
聡子は失望してしまい、この縁談を受け入れることにします。

ところが聡子が縁談と聞いて清顕はたまらなくなり、聡子に会いに行きます。そしてお互いの愛を確認し、禁断の愛だと知りながらも聡子は清顕に会ってしまいます。
やがて聡子は清顕の子供を妊娠します。侍女の蓼科はばれないように先に子供を下ろしてしまいましょう。と聡子に諭していくも、たまりかねた聡子が自殺未遂を起こしてしまいます。
そうして二人の仲は松枝、綾倉両家にばれるのでした。
蓼科により、清顕は聡子に会えなくなり、聡子の妊娠も内密に処理されてしまいました。

ネタバレと結末

聡子は悲しみのあまり、一人で出家してしまいました。
清顕は聡子に会いに出家した寺に何度も行きますが、門前払いとなって聡子には会えませんでした。
そして寺だけでなく聡子もまた清顕に会う事を拒否しているのでした。
清顕は聡子が会いたいと思ってくれるまで待つことにしました。しかしあいにく春の雪が舞い散る寒さで、清顕は聡子の事を想いながら眠ってしまい、そのまま亡くなってしまうのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました