ドクムシ/あらすじとネタバレと感想

ドクムシ2016年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ドクムシの概要

制作:2016年 日本
監督:朝倉加葉子
出演:村井良大、武田梨奈、秋山真太郎、水上京香、宇治清高、野口真緒、駒木根隆介、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ドクムシの見どころ

八頭道尾の小説『コドク〜蠱毒〜』を原作とした合田蛍冬の漫画を実写映画化。
学校に閉じ込められた男女七人のひとりが蠱毒の話をし、7日間殺し合いをして生き残ったものだけが学校から出られるという。理性を抑えていたものの4日目からは実際に殺し合いが始まり最後の最後まで騙し合いが繰り広げられるというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ドクムシのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日レイジが真っ暗な学校で目を覚まします。誰かいないのかと探索していると6人の男女と会いました。
合わせて7人はどこかに出口が無いのかと探し回ります。そして特別教室に行きついた時、異様な光景を目にします。調理台に包丁、床にはビニールが敷き詰められ、大きい鍋もあります。そしてデジタル掲示板があり7日のカウントダウンが始まっていました。そこに来て7人は初めて自己紹介をはじめます。
ユキトシ、アカネ、トシオ、ユミ、タイチ、ミチカ、レイジでした。七人は歳も別で接点が見つかりません。
ユキトシはみんなに蠱毒の話を始めます。ドクムシを集めて閉じ込めておくと殺し合いをはじめ、最後に一匹が残るというものでした。もしかすると自分たちはそれぞれの毒を盛ったドクムシで、7日間で殺し合いをして一人生き残れること。そして何もせず7日経てば全員殺されること、最後に生き残るためには死んだ人間の肉を食べることを説明しだします。夜になり男女別々に寝ているとユミとアカネが肉体関係になりました。ユミは昔レズの絡みで女の子を一人死なせていました。
残り時間100時間になり、水しか飲めない状況に男女ともにいら立ちが始まります。まずはトシオが暴れだし、タイチはアカネに迫ります。トシオはユミをレイプしアカネが駆けつけると、トシオがアカネを殴りユミが反撃しトシオを殺します。
5日目、アカネはレイジに迫り関係を持ちます。しかしユミが知る事となりユミがレイジに怒って殴りかかります。しかしレイジによってユミは殺されてしまうのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

しかしこの殺人はユキトシのチクりによって操作されていたことがわかります。みんなはユキトシがこのゲームの監禁を行っているのではないかと疑います。
6日目になるとタイチが死体を調理しだします。そしてそんなタイチをアカネが殺します。
7日目、アカネは助かりたいがために何でもする女だと判明します。レイジとユキトシに仕掛けてケンカをさせ、ユキトシを軟禁します。ユキトシはアカネに首謀者はミチカだと告げます。ミチカはカツラを被っており一人だけ年齢も上で異様な雰囲気でした。ミチカは自殺しました。ユキトシはアカネと戦い、ユキトシが勝ちます。ユキトシはレイジにも挑発し、レイジがユキトシを切ります。レイジはアカネにとどめを刺すとカウントダウンは終了しました。レスキュー隊が来てレイジを助け、巨大地震が起きたと言います。ユキトシは指名手配されていました。みんなユキトシに騙されていたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました