溺れるナイフ/あらすじとネタバレと感想

溺れるナイフ 2016年の邦画

溺れるナイフの概要

制作:2016年 日本
監督:山戸結希
出演:菅田将暉、小松菜奈、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音、志磨遼平(ドレスコーズ)、他

溺れるナイフの見どころ

ジョージ朝倉による漫画「溺れるナイフ」を山戸結希監督が映画化。
作者曰くむき出しの刃物のようなイメージでタイトルがつけられた。
主演は小松菜奈と菅田将暉。田舎に引っ越してきた人気モデルと青年の運命の恋。

溺れるナイフのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

夏芽(小松菜奈)はモデルをしていた。しかし両親が旅館を継ぐことになり引っ越ししてきた少女です。
それまで東京に居た夏芽はあまりの真逆さにびっくりです。海沿いを散歩していると、金髪の少年(菅田将暉)が泳いでいました。その海沿いには鳥居があり、神様の居る場所として立ち入り禁止になっているのにです。
それまでは転校生ということ。東京からきたということ。モデルをしていたということでちやほやされていた夏芽でしたが、この金髪の少年だけは冷たかったのです。そして鳥居で泳いでいたことを指摘します。入ると災いが起こると言われていました。この金髪の少年はコウ(長谷川航一郎)といって、この街の大地主の息子でした。コウは言います。この町のもんはみんな俺のもんじゃ。好きにしてええんじゃ。と。
夏芽は引っ越した時点でモデルは半分引退した形でしたが、そこへ東京から電話が。広能晶吾という有名なカメラマンが夏芽の写真集を撮りたいという電話でした。広能に会い、写真集を撮ります。
写真集は夏芽はこの田舎町やコウへの抵抗でもありました。
とはいえ、街にもなじんできた夏芽。そして写真集ができあがり、学校帰りにコウに話しかけ写真集を見せます。自分じゃないみたいという夏芽はコウとその時キスしてしまいます。
写真集は売れて、東京に戻る話も出ますが夏芽は乗り気ではありませんでした。映画の話も出てきて、夏芽はコウに相談します。コウは賛成し、夏芽とパワーストーンブレスレットを交換します。そして街のお祭りが始まります。夏祭りを見ていると、おじいちゃんが倒れたといいに来た男の車に乗ってしまいます。夏芽は山奥に連れて行かれてレイプされそうになっていました。コウが助けに来ますが殴られて終わります。しかし通報していたので何事もなく終わりましたが、世間は噂し、レイプされたことになってしまいます。

ネタバレと結末

コウは落ち込み、夏芽も落ち込み二人は距離を取ります。そのまま高校生になります。
コウは悪い仲間とつるむようになり、ある日夏芽の横を仲間たちと通り過ぎます。思わず夏芽はコウを追いかけます。港に着き、それでも逃げようとするコウを追いかけて船に乗ります。コウは話をしたい夏芽のことをもう面倒くさい、関わりたくないといいます。ある日また夏芽に映画の話が来ますが流れます。コウはこの街からは出られませんが、夏芽は出る人だといいます。
そして映画に出ることにし、街ではまた祭りの季節が来ます。そこにまたあのレイプ犯人が来ます。そして夏芽と一緒に写真が撮れると思って夏芽の目の前で自殺します。コウはその人の死体を隠します。夏芽の将来に傷が付くと思ったからです。時は経ち、夏芽は女優として成功します。しかし離れてはいますが、コウと二人は永遠に結ばれているのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました